ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

音楽・映画・芸術・ゲーム・声優等


やっと聴けた、ミスチル新譜

2012.12.02  *Edit 

昨日、やっと、ミスターチルドレンの新アルバム、

(an imitation)blood orange を聴く事ができました~~♪

まずは、ステレオで。

ダンナと息子が出かけた隙に、じっくりと聴きました。

う~~ん、、やっぱり、ステレオ音源はいいなぁ~。

最初の音を聴いただけで、ズーーンと来ちゃいました。

私、まずは、細かい音とかを拾い取ったりとか、したくないんです。

まずは、ステレオでスピーカーから洩れてきて、空気を通して

伝わってくる全体感みたいなものを尊重したいと言うか、

その一番最初のインパクトやイメージが自分なりに好きなんですね。

耳で聴くと言うより、体や心で聴く感じ。

こう言うを、なんか偉そう?って感じがしなくもないですが、

なんて言うか、あまりあれこれ考えずに聴きたいって事ですね。

最初の「hypnosis」の、出始めイントロを聴いた瞬間、

あ~、ミスチルワールドが始まる~~って、ゾクゾクしました。

この始まり方って、ほんとアルバムの始まり方にふさわしい

始まり方ですよね。

今回のアルバム、既出の曲が中心で、新しいアルバム曲は3曲。

そうなる事が分かっていた事もあって、既出の曲は、あまり

聴かないようにしてたんです。

妹から「聴いてないの~?」と、半ば責め口調で言われたりも

したんですが、全く聴いて無いわけではなく、思いだしたように

聴く程度。。。アルバムを新鮮な気持ちで聴きたかった事もあり、

あえて、聴きこまないようにし、ミスチルを聴きたい時は、

他のアルバムを聴いたりしていました。

そんな訳なので、今回は割と新鮮みを持って聴く事ができました。


1つ1つの曲についての感想は、まだ書けません。

ただ、アルバム全体としての感想。。。

ガツン!と来る曲が無く、全体的にポップな感じのせいか、

好まない方もいらっしゃるようですが、私は今回のアルバムは、

矢張り、去年の震災の影響が色濃く出てるなぁ、と思いました。

そもそも、(an imitation)blood ogange ってタイトルからして、

それを体現してるような気がするんですよね。

破壊と再生。。。

私はアロマテラピーをやってるので、オレンジの効用をすぐに

連想しちゃうんですが、オレンジには、リフレッシュとリラックスの

両方の効能があります。で、どちらかと言うとリラックス色が強い。

色からして、温かみがありますよね。

なのに、ただのオレンジじゃなくて、真っ赤に近い色を持つ

ブラッドオレンジにした所に、深い思いが込められてるような気がするんです。

全体を通して、深い深い所に大きな思いがあって、その上に、

シンプルな愛が乗せてある、、、そんな風に私には感じられました。

一見、分かりやすそうな印象の楽曲たちだけど、実はそうじゃない。

ミスチルの歌は、いつでも、受けてが自由にイメージできるような

作りになってますよね。

テレビでも桜井さんがおっしゃってましたけど、

どう受け取ってもらっても構わないって言うの、ホントそうだと思います。

江角マキコが「心で感じるモノ」とおっしゃった事を聴いて、

全くの同感、ってテレビの前で頷いてました。

ミスチルの曲は心で感じるもの。

そして、人はみんな違うから、その感じ方も違っていいのですよね。。。

今回のアルバムのこの位置から、ミスチルのこの先はどこへ向かって行くのか、

とても楽しみになりました。

「SENSE」ほどの、強い個性が無い所が個性であり、次にどうくるのかを

分からなくさせておいて、また、アッ!と驚くようなものを作ってくるような

気がしてなりません。


まぁ、まずは、ツアーですね♪

待ち遠しいけど、来年のチケが取れるのか、やっぱ不安ですねー。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。