ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常8(2011.11~2012.05)


実は大変なクリスマスでした

2011.12.26  *Edit 

ライブ明けの今朝……。


どっぷりと疲れて、起きるのが大変でした。

ってか、すっごい朝寝坊。

こんな朝寝坊は、さすがの私でも無いぞ。


起床時間。


10時…………


いや、一端、7時に目覚めたのですが、眠いので

二度寝。。。。8時過ぎに目が覚めたものの、

覚醒できそうになく、もう少し寝ようと寝付いて

再び目覚めたら10時でした……。

さすがに連ちゃんはキツイ。

と言っても、ミスチルの時は連ちゃんだったのになぁ。

あの時も辛かったけど、今回は特に辛い理由があるのです。



ツイッターではボチボチ呟いていたのですが。

24日のクリスマスイブの日。


クリスマスを留守にする主婦は、さすがにクリスマスイブの

夜に、ダンナと息子に外食させるには気が引け……。


元々、クリスマス両日は家族と過ごす予定でした。

それが急遽、チケをゲットできて留守にする事になって。

なので、料理は予定通りにローストチキンを作る事に。

でもって、息子はマカロニサラダを食べたい、作りたい、

と言うので、良い機会なので一緒に作ったんです。



がっ。。。。。。。。



キュウリをスライサーでスライスしてもらってたら、

心配していた通りに、右手人差し指を一緒にスライス


「痛いっ!!」


そりゃそうだ。

集中力に欠ける息子。

スライスしながら、余所見ばかり。

「手元から目を離すな!」

「集中しろ!」

「短くなってきたら、持つ位置を移動しろ!」

と、そばで絶え間なく注意していたにもかかわらず、、、、

急いで手当して、暫く止血の為に強く押さえた後、

バンソーコーを貼りました。

血の止まりが悪いものの、私の怪我した膝みたいに

血がどんどん滲んでくる程でなかったので、

そのうちに止まるだろう、と思ってました。

で、運良くダンナが早目に帰宅してくれたので、

料理終了後、仕度してライブへ出かけました。


帰宅したのが22時半近く。

家に到着すると、バンソーコが外に出っぱなし。

どうしたのか訊ねると、私が帰る30分程前に

血が滲んで来たのでバンソーコーを取り換えたって。。。


ええー?もう22時過ぎてるのにぃ?

怪我をしたのが、13時半でした。

こんなに時間が経過してるのに、まだ出血してるの?

9時間経ってますから、出てると言っても大した量じゃ

ないだろうし、止まる傾向にあるんだろう、と

思えば思えるわけなのですが。


なんせ、数年前に歯茎からの出血がいつまで経っても

止まらずに、ベッドが血の海になってた過去がありますから。

これから寝るわけです。

大丈夫なんだろうか?

一抹の不安がよぎります。

ダンナと息子は23時頃に2階の寝室へ行きました。

私は、ましゃのライブで興奮冷めやらずだし、ブログを

アップせねば!と頑張ってアップし、ツイッターでも

感想とかツイ友さんと述べあったりなんかして、

日付変わって午前1時に寝室へ。

で、ベッドに入って寝ぞうの悪い息子を移動しようと

思って近寄ったら、顔じゅう血だらけ。

右手の人差指からバンソーコーが外れていて、

バンソーコーは血で真っ赤っか。。。

パジャマも毛布もシーツも血で汚れてて、

指はまだ出血中。。。。。


私、血がとーーーっても苦手なんです。

いつまで経ってもダメなんです。

でも、そのままにはしておけないので、

慌てて階下へ降りて手当道具一式を持って再び2階へ。

ダンナを起こしても、眠過ぎて起きれないみたいで。

アルコール布巾で顔を拭いて、血だらけの手指も

拭いて、傷口にバンソーコーを何重にもして

張りつけましたが、その時に傷口を見たら、

思っていたよりも指先が欠損してました。

断面が5ミリ近い感じ?

12歳ですが、9歳くらいの体型です。手も小さいし、

指も細くて指先も小さい。

これは病院で診て貰った方が、と判断し、

再び階下へ降りて落としたばかりのパソコンを立ち上げ、

夜間診療を調べたら市民病院がやっている。

電話したら、外科が今夜はいないから、東京消防庁へ

問い合わせてくれ、と言われ、今度は東京消防庁へ。

それで、住まい周辺の病院を3か所紹介されました。

周辺と言っても、近くないです。

そもそも最近は、外科をやってる病院、少ないんです。

内科と歯科は沢山あるのにね。

どの病院も、昼間普通に車で行ったら30分はかかります。

時間はすでに1時過ぎですから、この時間帯ならもう少し

早くいけますが。

それで、一番近そうな病院へ電話したら、混んでるから

かけなおせ、ってガイダンスが。。。

この時間帯でぇ???

これはダメだと思い、もう1か所へ。

ここは、脳外科病院なんですよ。でも外科もやってるって事で。

電話が繋がり、事情を話したら、普通の怪我ならともかく、

指先が欠損してるとなると形成外科じゃないと……的に言われ、

そんな事言われても、どこもやってない訳で。

取りあえず、怪我にしっかり合った治療ができるかどうかは

わからないけど、診るだけは診るので来てくれって事になり、

急いで、息子とダンナを起こして病院へ。

1時40分過ぎくらいに到着。

当直は、えらい若そうな男性医師で、口数が少なく、

傷を見ても特になんともコメントも無く、消毒した後、

厚めのガーゼを当てて、「ここをしっかり押さえてて下さい」

とダンナに指示し、「そのまま20分、待ってて下さい」って。

まぁ、止血なんでしょうね。

で、私たちはロビーで待つ事20分超。。。

やってきた医師は、「あと10分」と言い残し、再び姿を消し。


で、時間経過した後も、結局、血は止まらなかったのです。

なので結局、レーザーで血管を焼く事に。

その為に、指の根元に麻酔注射。


もう、超恐がりの息子ですから、すごいビビってて

大変でした。普段から口数の多い息子ですが、

こういう時は更に口数が多くなります。

自分の中で葛藤してるんですよね。

それをダンナと二人で一生けん命、なだめたり

励ましたりして……。

注射後、暫く待ち、処置室へ。

ここでレーザーを出された時、息子は恐怖で

絶叫しそうな雰囲気だったのですが、なんとか

テンションを上げさせないように励まして。

麻酔をしたにもかかわらず、かなり痛かったようで、

泣いてました。

可哀想でねぇ、もう。。。

歯茎の出血の時にもレーザーで焼かれたのですが、

その時の方が余程、落ち着いてましたね。

指の方が相当痛かったみたい。

でも、その甲斐あってか、すぐに血は止まりました。

キズパッドのバンソーコーを貼られて、終わり……。

28日に、もう一度来て下さい、と言われて帰宅の途に。。

家に帰り着いたのが、3時過ぎでした。

それからすぐに寝ましたけど、歯茎の時に、焼いて止まった

にも関わらず、再び出血してきて大変だったので、

なんか心配なんですよ。

なんせ、寝ぞうが悪い息子ですから。

寝てる間に、どこかへぶつけたり、体の下敷きになったり等、

刺激されて再出血しやしないかと、気が気じゃ無く、

精神が高ぶって、寝付けないんです。。。

結局、寝入ったのは4時頃……。

昼まで寝たい所、クリスマスも留守にする為に

ビーフシチューを作って行く予定だった為、

煮込む時間もあるから、そうゆっくりもしてられず。

9時頃に起きました。

寝不足です。

寝不足から来る頭痛が心配でした。

体の疲れも殆ど取れてません。

なんせ、イブのライブは、行きの電車はずっと

座れず、みなとみらいも、クリスマスイブだから

物凄く混んでて、エスカレーターに乗るのも一苦労で、

せっかちな私は、右側を上っちゃったんですよ。

一番長い所では55段上りました。

その前後も全部上ってるので、足を駆使し過ぎて

しまいました。

帰りも同様です。

なので、ライブ終了時は、既にへたり込みたいくらい

足が疲れてて、それに鞭打って帰って、子供の

騒動でしたから、もう、なんか、全身の節々が痛くて。


それでも、昨日は前日と打って変わり、行きも帰りも

電車は殆ど座れたんです。

良かった~。

24日よりも、胸キュン状態で帰宅できたし。

でも、体は…………。


夕べはブログアップなんかしてたもんだから、0時半頃就寝。

いやぁ~、寝た寝た。

でも、もっと寝ていたい気分だったわぁ~。


高血圧なので、薬飲まなきゃならない為、

あまり遅くなると心配だし、先に起きてる息子の

様子も心配だったので、起きました。

昨日も外出後も息子の指先が心配で、何度かダンナに

メールしちゃいました。



あっ、そう言えば、ちょっと可愛いエピソード。


息子へのクリスマスプレゼントを、イヴの晩、

寝る前に靴下の袋へ入れておく予定だったんです。

でも、真夜中の出血騒動で、うっかり忘れてしまいました。

25日の朝。。。。

まだ寝てる私がいる寝室へ、息子がやってきて、

なんだかベッド回りをウロチョロしています。

何やってんだ?安眠妨害だぞ!

と思って暫くして、ハッ!!

もしかして、プレゼント、探してる?

暫く様子をうかがってると、他の部屋へも入って

バタバタしてる……。


ああぁ~~~~orz

そうだ。プレゼントを入れとくの、忘れてた。。。

それがすっかり目覚めてしまったようなものでした。

幼稚な息子は、まだサンタの存在を信じてるんです。

去年、一昨年にあげたプレゼントが入っていた

トイザラスの靴下形の袋に入れておいたら、

「ここだと思った♪」と、すぐに見つけたんです。

だから今年も、そこへ入れとこうと思ってたのに。

きっと、真っ先に覗いて、ガッカリしたかと。。。


さて、困った。

どうしよう?

手渡すわけにはいきません。

でも、どこの部屋も探しちゃってます。

色々考えて、ローカのバック掛けにかけてある、

この間買ってあげたばかりのバックへ入れる事に。

階下へ降り、しまってある場所からこっそりと出し、

バックへ偲ばせてからリビングへ。

そして、何気ない様子で

「なんか、新しいバックの中に何か入ってるみだいよ~」

と、言ったら、「えっ?」と、驚愕と歓喜の表情で

バックまで飛んで行きましたよ。

そして、「きっとそうだと思ってたんだ~」と

嬉しそうに言いながら、部屋へ入って来ました。

「だけど、どうして、あそこだったんだろう?」

と言ったので、

「きっと、昨日の夜、遅くまでバタバタしてたから

サンタさんも見つからないように慌ててあそこへ

入れたんじゃない?}

と言ったら、納得してくれました。

「見つからないように大変だったに違いない」

とか言って。(^^)


はぁ~、ヤレヤレ。。。

良かったわぁ~。


それにしても、なんつーか、疲れるクリスマスでした。。。



スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: NoTitle>kouchan様 

kouchanさん♪

ほんと、大変でした(^_^;)。
こんなんで、ライブ行けるのかな?と思いつつ、
頑張って行きましたよ。我ながら凄いっすね。
でも行って良かった。
前日より席もライブも良かったですからね。

kouchanさんも、良いクリスマスを過ごせて
良かったですね。
新しい場所で新しい生活で、頑張ったご褒美でしょう(^^)

NoTitle 

息子さんの怪我については大変でしたね。。。それで翌日のライブに挑むってスゴ技です♬

僕は今までサンタクロースを信じてませんでしたが、今年は信じました(=´∀`)人(´∀`=)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。