ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

音楽・映画・芸術・ゲーム・声優等


マグナムトリオのコンサートに♪

2011.08.31  *Edit 

昨日、ピアノの先生と一緒、マグナムトリオのコンサートへ行ってきました。

マグナムトリオって言うのは、


既成概念を打ち砕け!!
次世代型フルートパフォーマンス集団!!


なんだそうです。(^_^;)

ピアノの先生が、数年前からフルートを習いだし、

そのフルートの先生がお気に入りで、勧められて

コンサートへ行かれるようになり、今回、私も先生に

「どう?」って言われて、行ってみました。

フルーティスト3人のグループです。

このフルーティストが凄い!

全員、東京芸大出身。芸大時代に親しくなったようで。

それぞれが、物凄い超絶な技巧の持ち主で、だからなんでしょうね。

既成的な演奏や音楽では飽き足らず、フルートでどれだけの

音楽表現ができるのかを追求したって感じで、凄いです。

フルートって言うと、軽やかで美しい音色でクラシックの曲を

奏でるってイメージが一般的には強いと思いますが、彼らの

演奏は違います。

あらゆる技巧を駆使した、全く違う演奏とパフォーマンス。


t02200310_0597084211354345915.jpg


↑ 今回のチラシ。

カッコイイねぇ~。

でも、コンサートでは、こんな衣装じゃなかったけど(笑)


真ん中の人がリーダーの多久潤一郎さん。

マグナムトリオの曲は彼のオリジナルが多いです。

超絶技巧と豊かな音楽性。なんか、すっかり好きになっちゃいました。

左の人は神田勇哉さん。

この人も凄い。芸大を主席で卒業し、あらゆるコンクールを総なめ。

昨日のライブでは歌まで披露してくれ、それがとってもお上手。。。


そして、右の人は、梶原一紘さん。

芸高から芸大に進んだ人で、現在フランスに留学中。

メンバーの中で最年少で、おとなしめなキャラですが、

見かけに寄らず、感性が跳んでる(^^)


通常のフルートに加えピッコロ、アルトフルートやバスフルート、

コントラバスフルートのみならずEWI、尺ルート、

リコーダーヘッドジョイント、スライドヘッドジョイントなどを

使って、様々な特殊奏法や超絶技巧を駆使し、メンバーの作、

編曲によるオリジナル作品を演奏。

コント的なパフォーマンスも取り入れて、すっごく面白い。

楽器もですねぇ。

フルートにもこんなに種類があるんだ~と、初めて知りました。

ヘッドに尺八のヘッドを付けての演奏、すごく面白かったし。

アメリカ人が作ったそうです。

アメリカでは普通に売ってるけど、日本ではさすがに無いとか。

残念ですね。



そんな彼らの演奏がYouTubeでアップされていたので

貼っておきます。





そして、外国でのライブの映像。

こちらも3分強の手軽な長さ。







スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: NoTitle>lime様 

limeさん♪

そうなんです。普通のフルートのコンサートと思って行ってはいけません。
あらゆる演奏法を駆使した超絶技巧とパフォーマンス。
それでいながら、確かな音と音楽センス。
あ~、あれだけ出来たら楽しいだろうなぁと、羨ましくなりました。

あの巨大な長いの、あれもフルートです。
コントラバス・フルートと言って、2オクターブ下の音域です。
通常では使わないので、普通には売って無くて、
特定のメーカーしか作って無いんです。
他にも珍しいフルートでの演奏に、驚きました。

サックスとかでも、テナーとかアルトとか、
リコーダーでも、ありますよね。
フルートにもあるとは知らなかったので勉強になりました。

limeさんは芸術家だから、きっと音楽もいけると思います。
美術も音楽も、内に秘めたものを作品として解放してる
表現の世界ですから。
音楽の知識なんて無くてもいいんです。
絵を見て綺麗と思うのと同じように、心で聞いて
自分の感じるものを大事にすれば。
好きな曲に出会うと、ちょっと知りたくなったりして
調べますよね。そうすると、さらに深くなっていって
世界が広がって……。

マグナムトリオは大阪でもコンサートしてます。
今年は終わってしまいましたが。
まだ若い演奏家でもあり、小ホールでもあるので
入場料は安いです。
3500円だったかな。
私はペアチケットだったので3000円で見れました。
こんなに安くていいの?って思う程の内容で得した気分。
そのうちに、行けたらいいですね~。

NoTitle 

フルートの固定概念を、ひっくり返す強烈なパワーですね。
一つの楽器を極め、さらに展開させる芸術センス、カッコいい~。
この3人のオーラも素敵です。
あの、巨大な長~いのは、なんて言う楽器なんでしょう(無知ですみません)

私には残念ながら音楽センスは無かったんですが、こういう才能はあこがれますね。
コンサートなども行ったことがなかったんですが、なぜかうちの長男は吹奏楽部に入り、パーカッションの腕を磨き、今はバンドでドラムやってます^^。(男のファンが多いらしいです・笑)
娘も吹奏楽部でサックス。
音楽の「お」の字もない親子に育てられたのに、不思議です。

なかなか音楽に親しむ機会ってないんですが、もっと時間に余裕ができたら、ぜひコンサートとか、行ってみたいなあと思っています
(のだめにハマったときもそう思ったなあ・・・)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。