ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常7(2011.03~06)


恐ろしかった。。。

2011.03.12  *Edit 

こちらは無事です。でも、東北の被害、凄い事になっていますね。

かつてのメルトモ2人が、仙台に、2人が福島に住んでいます。

無事なのだろうか、と心配しています。

どうか、1人でも多くの方が無事でありますように。


さて、わたくしの所ですが。

昨日の双眼鏡の記事をアップし終え、PCの前にいた時に、

グラグラと揺れました。

あぁ、地震だな、と認識した程度だったのですが、なんだか

揺れが大きくなってきたので、どこかで大地震か?と思い、

震源はどこだろうとテレビのスイッチを入れた途端に、停電。

ビックリしました。14時50分少し前。

その後、揺れがどんどん激しくなり、怖くなってきて。

玄関へのリビングのドアを開けて閉じないようにフックを

掛け、大型テレビが倒れたらイヤ!なんて、欲深な思いで、

テレビの画面を手で押さえ、ついでに隣にある背の高い

棚も倒れたら大変だとそっちをもう片方の手で押さえ、

玄関に尻を向けて、収まるのを待っていたんですが、

揺れが大きいせいでしょう、ドアのフックが外れて

ドアが尻に当たってきて。。。

まぁ、全然痛くはなかったのですが、一向、収まらない

大きな揺れに恐怖を感じました。

ピアノの上に置いてある、楽譜や写真立てが下へ落ち、

台所でも、何かが落ちた音……。

とても長かったです。揺れが大きくなってリビングの

ドアを開けてテレビを押さえた時に壁の時計を見て

いたのですが、強い揺れになってから1分は続きました。

その前の分も合わせると、2,3分は続いたかも。

とうとう、大地震が来てしまったか、、、

と思いつつも、地震体験で震度7の体験をした事があるので、

それ程ではない、と冷静に思っている自分がいました。

震度7とかなら、立っていられないだろうし、

多分、ピアノが転がってくるでしょう。

色んな物が落ちたものの、全く落ちず、倒れず、の物の

方が多かったです。

やっと収まり、台所へ行ってみると、食器棚の中の

背の高いグラスが3本、倒れかけていました。

直すために扉を慎重に開けました。でないと、落ちてきて

割れるし。。。他の食器は、棚の手前まで移動していたので、

間一髪な感じ?全て、奥へ押しやりました。

煩雑に物を積んである所の一部が下に落ちていた程度で

ホッとしました。

子供の部屋は、色んな物が下に落ちてました。

積んであったCDや本等……。

やっぱり、積んでるものはすぐに落ちちゃいますね(^_^;)

天井の照明が、グルングルンと凄い勢いで回ってたし、

地デジテレビは首が折れるんじゃ?って思うくらい、

凄い揺れたから、凄い怖かったけど、被害の程度は

大した事無かったんですね。

ただ、地震直後の停電には参りました。

ネットはできないし、テレビで情報も得られません。

一体、どこが震源地で、ここはどれくらいだったのか?

等、情報が分からず、暫く立ち往生。

どうしたら良いのか分からないのです。

携帯も、繋がりません。i-modeも繋がらない。

そうだ、災害ダイヤルだ、と思って171をプッシュするも、

これも繋がらない。直後だからなのでしょうか?

その後も大きめの余震が続いて、また他の物が落ちてこないか、

恐怖でした。倒壊の恐れのある所は、もっと恐怖だったろうと

思います。

これだけ大きいんだから、余震はあるだろうと思って

いましたが、実際の余震の大きさにはビクビクものです。

停電になり、周囲の様子を窺ったけれど、誰もいなくて

静か……。これも不気味です。

隣にダンナの兄一家が住んでいるので、隣の様子を窺いに

行ってみました。そしたら、矢張り停電との事。

停電だから、何も分からないって。

下の小学生の姪がいたので、学校じゃなかったのかと

訊ねたら、帰宅途中ですぐ近くの橋の上にいたとか。

無事で何より。

そこで暫く話したあと、外へ出たら、アパートの男の子が

携帯電話で話してる。

「あれー?携帯使えるの?」

と訊ねたら、たまたま繋がったとの事で、その子から、

震源地は宮城で、この辺は震度5だったとの情報を得ました。

そして、自分が携帯ワンセグラジオを持っている事に

やっと気付いたのでした……。。。

ましゃのラジオの為に買った高価品でしたが、radikoの

登場で、すっかり出番を失ってしまったお品。。。

しっかり充電してあります。ワンセグだからテレビも見れる!

そして、やっと、それなりの情報を得る事ができましたが、

実際の所、こう言って顰蹙買うかもしれませんが、震源地の

情報ばかりで、一番知りたい地元の情報が全く

無いんですよね。

いやね。被害が震源地のみなら、それで当然だと思うのですが、

広範囲に渡っていて、停電なんかになってたら、もう不安で

しょうがないんですよ。停電だから固定電話も使えず、

携帯も繋がらない。或る意味、遮断されちゃってる

状態なのです。勿論、震源地中心では、命に関わる大災害

を受けているので、そちらのニュースが中心になるのは

当たり前ではあるのですが、こういう時、もっと、

住民に密着した有効なネットワークは無いものか、と

思いました。周辺でネット繋がってる人達からは、

色んな情報を発信してくれてるようでしたが、肝心の当事者の

方では、受信ができない状態なんですから。

ネットで情報見ようと携帯で繋いでも、繋がらないの。

余震が続く中で、ラジオとワンセグで情報を得ながら、

子供は?との思いが。

勿論、地震のさなかも子供の事を思いましたよ。

地震が苦手な息子だから、さぞや学校でパニくって

いるんじゃないかと、思いましたが、まだ学校の時間だけに、

逆に安心もしてました。この程度の揺れでは、建物の倒壊は

無いだろうと思ったし、下校途中じゃ無かった事が逆に

安心でした。長い距離を1人下校してますから。

学区外ですから、一緒に帰る子供もいないので、

登下校中が一番心配なのです。

だから、学校で良かったと一安心したものの、

その後の下校については、考えが及ばなかった。

やっぱり、冷静さを欠いてたのかな。

まさか、こんな余震が続く中、1人で帰さないよね?

そうなると、迎えに行かなきゃいけないんだよね?

でも、大きめの余震が続く中、なんだか怖くて。

家の事も気になるし……。

どうしたら良いんじゃ?と考え、毎年行っている

避難訓練を思い出し、そうだやっぱり、私が迎えに

行かなきゃいけないんだ、と思い、仕度をし始めたのが、

地震発生から50分後。。。。

で、バックを持って家を出たものの、歩いて行くべきなのか、

車で行くべきなのか、迷い……。

被災地なら、当然、徒歩で行きますが、家の前の道を、

普通に車が走っているのを見ると、車で行っても

大丈夫なのか?との思いが湧いてきて。

徒歩で行くには、遠くて、40分は掛っちゃう。

もしかしたら、既に帰宅の途についていて、

途中で行き違う事は無いだろうか、との心配も。。。

でも、遠いし、待っているのではないか?

考えが錯綜し、万一行き違っても、子供は鍵を持っているから

と思い返し、車に乗って出掛けました。

信号がみんな消えていて、なのに通りは、結構、車が

飛ばしてるので、合流するのに怖かった。

何とか車の切れ目に通りへ出て、いつも渋滞する場所へ

差し掛かった時、前方で手を振っている息子を発見!

担任の1人の男性教諭と一緒でした。

先生が送ってきてくれたようです。

しかも、すれ違わずに巡り逢えて、凄いナイスタイミング♪

正直、感動しました。

いつもと変わらぬ元気な姿に一安心。

先生にお礼を言い、息子を車に乗せて帰宅。

でも、車を降りたら、息子が涙目で抱きついてきて。。。

やっぱり、怖かったのね。。。

ちょっと揺れただけで、「地震?」ってビクビクする

子供ですから、さぞや怖かった事でしょう。

「自分を信じて頑張った」って言う息子のけな気な様子に、

お母さん、胸がジーンとしました。

だけど、その後、日が暮れてきて、暗くなってくるし、

寒くなってくるし、電気は使えないしで。。。

二人でコートを着こんでソファでジッとしてたら、

携帯の電話が鳴り、ビックリして表示を見たら、ダンナ!

無事との事。そして、今、帰宅の途についてるって。

まだ、終業時刻よりは早いのに、早く返してくれたみたい。

車なので、信号が消えてるから気を付けるように言い、

これまた一安心。

その後、妹からのメールが入ってきて、こちらの安否確認の

内容。妹も無事みたい。メールは、地震直後に発信した

ものでした。届くの、遅い……。。。

だけと、今度は親が心配。

80歳の二人、大丈夫かな?

停電だから電話通じないし。

その後、妹が仕事の後で実家へ行ってくれたようで、

二人とも無事のメールが夜になって入ってきて、また安心。

そういうわけで、みんな無事で安心し、被害も少なくて

良かったものの、長い停電は精神的にストレスでした。

段々と冷え込んでくるし、うちはオール電化なので、調理も

できないのです。お湯も湧かせないので、帰って来たダンナが

出してきたお菓子で、夕べはしのぎました。

カセットコンロがあるには、あるのですが、万一の為に

温存しました。

お昼にガッツリ食べておいて良かったです。

真っ暗で、寒くて、何も出来なくて。

ワンセグのテレビを時々見、やっと少し繋がるようになった

i-modeでツイッターにアクセス。

でも、なかなか繋がらず、たまに繋がった時に、情報を見、

呟いたり……。

幸い、夕べ、バッテリーの残量が少なかったから充電した

ばかりだったので、助かりました。

つくづく、文明のリキの有難さが身にしみました。

少々困ったのがトイレ。

下と上の2つあるのですが、下のトイレは2年前に新しく

したもので、節水と手入れの容易さから、タンク無しタイプに

したのです。

水は問題無かったので、手動で流せるには流せるのですが、

勢いが足りなくて、紙が残るのです。

これって、大の時、困るじゃない!とナーバスに。

すぐに回復すると思っていたのに、一向、回復せず、

停電に関する情報は、停電の件数が出てる程度で、

復旧に関する事は全く無し。

一体、どうなってるんじゃ!と思っていたら、原発のニュースや

火力、水力発電所が閉鎖してるって情報が入ってきて、

暗澹たる気持ちになってきました。

被災地に比べたら、屁でも無い事かもしれませんが、

現実問題、停電の中で、将来的見込みの情報が全く

入って来ないって言うのは、不安になるものなのです。

息子なんて自閉なものだから、見込みを示されないと、

永遠にダメなんだ、って極論に至って泣きだす始末。

「自分でどうにかできないんだから、待つしかないでしょ。

永遠に直らないって事はないんだから」

と、何度も慰めて。

やっぱり、情報って重要ね。

ツイッターでも、色んな情報がRTで入って来たけれど、

正直な所、同じ情報が溢れかえって、見るの大変でした。

具体的な情報をRTで発信するよりも、その情報源のサイトを

発信した方が有効かも。

避難場所等の一覧のページとか。

○○の情報はココ、的な方が自分に必要な情報を

取捨選択しやすいように思います。

FMーJ-waveで、1時間おきにライフラインに関する

情報を流してくれていたのですが、東京電力だけ、

毎回、呼びかけても繋がらず、だから電気に関する情報が

全く入って来なくてイライラしました。

ガスはガスで、ガスボンベの解除の仕方はHPに乗ってるから、

それを見ながらやって下さいだって!

停電でネット繋げないのに、見れるかよ!って感じで。

ウチはガスじゃないけれど。

これじゃぁ、被災地は、さぞや大変なんだろうな、と。

周囲で色々情報発信してても、現地は孤島のような

状況なんじゃないでしょうか。

今後、災害時における対策をもっと根本から見直した方が

良いと実感しました。

世の中、あまりにも便利になり過ぎて、こういう時の対応が

疎かと言うか、甘いものになっているような気がします。

個々人の知恵働きの能力も低下したように思うし。

こちらの電気の復旧は深夜だった模様。

あまりにも寒くなって来たので、我が家は10時半を過ぎた頃、

就寝しました。暖房が無くて、とても寒いので、貼るカイロを

幾つも貼り、衣服は重ね着、靴下は履いたまま、

手袋をして寝ました。息子はコート着たまま。。。

夜が明けて、電気が復旧している事を知り、やっと安心。

改めてテレビで被害状況を見て、驚きました。

本当に、お悔やみ申し上げます。多くの死者と行方不明者に

胸が痛くなるばかりです。

ましゃの今日・明日の広島公演は延期になりました。

ましゃ自身は安全な場所で元気との知らせに、こちらも安心。

明け方、長野震源の大きな地震があったとの報道に、

今後も不安が残ります。

余震も暫く続く様子。皆さん、ご注意くださいね。


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~

Re: ご心配ありがとうございました。>マサフジ様 

マサフジさん♪

本当にご無事で良かったです。
こちらよりも遥かに震源に近いので、大丈夫なのだろうかと
心配していましたが、何よりです。

大事に至らなくて良かったですね。
地震の時、慌てて外へ出るのは危険ですよ。
お気持ちはとてもよく分かりますが。

怪我等しなくて良かったと思いつつ、
その後の片づけ、ズーンときますよね。
私も散乱した部屋を見て、ため息出ちゃったし。
被災地の方々の事を思うと、この程度で意気消沈してて
申し訳ないと思いますけれど。

早く、みんなに明るい笑顔が戻ってくる事を
祈るばかりです。

修理、頑張って下さい。お怪我等しないように。

ご心配ありがとうございました。 

ご心配ありがとうございました。
narinariさんも無事でなによりです。

家の被害が少しありましたが、徐々に復旧しております。
それにしても凄い揺れでしたねぇ・・・。
私は塗装中でして、慌ててブレーカーを落とし外へ出たら二階の
瓦が数十枚落ちてきました。タイミングが悪かったら・・・。
想像しただけでゾッとします・・・。
でもこの程度の被害で済んで良かったです。犠牲になられた
方々の事を思うと本当に胸が痛いです。
心よりご冥福をお祈り致します。

今日もこれから家の修理です・・・。

Re: NoTitle>kouchan様 

kouchanさん♪

凄かったです。最初から震度5だったら、まだ気持ち楽だったかも。
だけど、どんどん揺れが激しくなるので、一体どこまで大きく
なるの?って不安が恐怖を倍増させたような気がします。
それと、かなり長かった事。。。
震度7経験の時は15秒くらいで終わりでした。
物凄いな、と思ったけど、あっという間で、その時に、これが
1分くらい続いたら、物凄い恐怖かも、と思ったものでしたが、
長いって、本当に怖いです。長いぶん、被害も大きくなるわけだし。

それと、停電。
都内の帰宅困難者の方達の多さは、住宅街での昼人口の
少なさに比例してるんでしょうね。
周囲に人の気配があまりなく、大地震が起こったと言うのに、
静かなんです。これも不気味でした。
僅かな専業主婦と高齢者の家しか人がいない状況に、
地域の連携なんて無意味、のような気になりました。
大きな被害が無くて、本当に良かったです。男手も無いですしね。

長野の地震で、能登地方も揺れが大きかったようですが、
ご実家の方は大丈夫なんですか?
まだ暫く余震が続くようなので、お気を付けください。

ましゃの広島ライブは9月に延期になりました。
さいたまは、どうなるのでしょうね……。

NoTitle 

東京の方も凄かったんですね^^; 他の知り合いの人もそういってました。来週の今頃は東京にいるのですが^^;
ましゃの広島ライブ残り2日間も、ミスチルの大阪も中止になってしまいましたね。影響の大きさを感じます。。。
僕も、今日は南紀白浜から和歌山市内観光に変更になりました。
明日は、和歌山から舞鶴へ向かい、明後日帰路に着きます。これ以上、被害が拡大しないことを祈るばかりです。

Re: 大変なことでしたね。>真吾オジサン様 

真吾オジサン♪

本当に大変でした。
被災地はもっと大変なんだろうと推察します。
こちらの、この程度ですら、かなりの恐怖でしたので、
震度7の上に津波の災害と、どれだけ大変だったことか。。。
行方不明者の数が多いですが、1人でも多くの方が
助かる事を祈るばかりです。

Re: NoTitle>lime様 

limeさん♪

ご心配、ありがとうございます。
本当に、昨日は大変な一日でした。
今もまだ余震が続き、少々、恐怖を感じています。
長野で大きな地震が起こったし、今回の事が引き金で、
他でも起きやしないかと、心配です。

いつ来てもおかしくない、とずっと言われ続けてきた、
東海沖地震や神奈川西部地震なのかと、最初は思ったくらい、
凄かったです。なんせ、どんどん揺れが激しくなるので、
一体、どこまで大きくなるのかとの恐怖が。

比較的冷静でいられたのは、震度5程度で、周囲に倒壊や
火事などの二次災害が無かったからだと思います。
近くで火事でもあったら、もっとパニくっていたかもしれません。

だけど、停電だし携帯は繋がらないしの状態で、
火事があっても、通報できないじゃない!と思いました。
そうして、被害が拡大してゆくのでしょうね。
今回の停電は、地震直後と早かったので驚きました。
こんな事は初めてです。だからこそ、何がなんだか
さっぱり分からずで、分からないって怖いものなんですね。

都心では、もっと大変だったようです。
後からテレビで見ましたが、火災報知機の誤作動で
水浸しになっていたり、天井が落下したりと、
こちらより被害が大きかったみたいで。
それに、帰宅困難者の数……。

家にいて良かったです。出先だったら辛い事態だったと思います。
ダンナも車通勤で早い時間に帰して貰えたのでスムーズに
帰れましたが、電車通勤の人は大変だったようで。
車通勤の人も、時間が遅くなる程、物凄い渋滞で、
歩いた方が早い状況だったと、後から知人や友人から聞きました。

ダンナさんが東京電力の社員の友人の所は、
数日間仕事で帰れないって……。
大変ですね。

一夜明けて、こちらの街の様子は、いつも通りな感じですが、
被災地の事を思うと、胸が痛いです。
物凄い揺れで怖い思いをしましたが、幸いでもありました。
これを教訓に、防災にもっと力を入れねばと思いました。

大変なことでしたね。 

只今、テレビでこの地震の被害のことを、頻りに報道しております。

まだ、落ち着かない状況のようですが、皆様には頑張っていただきたいものです。


真吾オジサンより

NoTitle 

narinariさんも、無事で本当によかったです。
私の友人は関東に多いのですが、mixiでもツイッターでも携帯でもなかなか情報が入らず、とても心配でした。
narinariさんの記事で、その時のようすがよくわかりました。
やはり、関東の揺れもそうとうひどかったんですね。
停電で情報が入らないって、本当に不安でしょう。

それにしても、narinariさんの冷静さには改めて驚かされます。
こういう時に、冷静な判断が出来る歩とはほんとうに素晴らしいです。
息子さんも無事で何よりでした。
まだ余震が各地でおこっていますので、narinariさんも充分に注意してくださいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。