ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・クロスステッチ第2部 <完>
21.ふたつの鼓動 ~ 22.美しき花、あとがき


クロスステッチ 第二部 あとがき

2010.12.15  *Edit 

第二部 あとがき


第二部を踏まえて書いた第一部、だったわけなのに、その肝心な
第二部は、正直、苦しく辛かったです……。

第二部を書いている途中で気づきました。
自分自身の中では、なんだか第一部でお話しは終わってるのかも、と。

恋愛小説ってくくりな訳なので、結婚しちゃうと、或る意味テンションが
下がってしまっていて。

激しく求めあって結婚した二人だから、ラブラブな新婚生活は
当たり前な訳で、そのラブラブ新婚生活をまんま書いても、
ちーともオモロないわ、って感じなんですよね。

第一部は、前半までは非常にスムーズにと言うか、自分の中で
完成型に近い形で出来あがっていたので、楽な方でした。
後半、少し悩む部分もあったものの、書いているうちに流れが
できてきて、少し苦労しながらも、何とか終える事ができたのですが。

第二部に入ると、書きたかった部分以外は真っ白な状態でしたので、
かなり焦りました。
でも連載していると、どんどん迫ってくる訳で、途中でやめる訳にも
いかず……。
これが、誰にも内緒で書いている状態であったなら、やめてたんじゃ
無いかって気がします。これまでも、そうやって未完に終わる事が
多々でしたし。

そんな訳で、後半は苦しんで書いた内容で、自分的に、果たしてこれで
良かったんだろうか?との疑問が残ってます。

いつも作品を書く時は、大まかな粗筋が決まった上で書いているのですが、
細かいプロットは立てていません。
始まりから終わりまでの流れは決まっているものの、途中にある色んな
プロセスは白に近い状態で、書きながら流れに任せている部分があります。

「Bye by Blue」は章単位の内容を最初に大体決めて書いていたのですが、
クロスに関しては、章の数も、各章の内容も書きながら決まって行く
スタイルでした。

或る意味、登場人物任せでした。
一番書きたかったのは、妊娠騒動でした。だから、その後の展開は
何も決まって無くて、二人のキャラを思い描きながら、そして、その
周囲の人達の思いも考えながら、それぞれに役割を自分で演じて
もらったのでした。
と書いても、分かりにくいかもしれませんが^^;

具体的な行動は人物に任せましたが、作者として第二部で
描きたかったのは、二人の愛の昇華だったので、最終的にそこへ
行きつけたのかな、と思ってはいるのですが、如何だったでしょうか。

愛を知らなかった先生と、愛に飢えていた理子。
不器用な二人が引きあうようにして結ばれたものの、若すぎる二人には
気持ちばかりが先走って、微妙に噛み合わなかったりして。
幾つもの試練を乗り越えて、やっとお互いに少し大人になって、
前よりも愛が深まったのかなぁ、と思います。

人生は長いので、二人の愛もこれで終わりと言うことでは無いと思います。
でも、いつまでも二人の愛を追い続けるわけにもいかず。

まだ、続きありますよ~って匂わせているようなラストシーン
でしたが、続きがあるかどうかは不明です。

私の中では、二人はまだまだ息づいていますが、小説として書くには、
この先は厳しいかな、と言うのが私の今の思いです。
なんせこの主役の二人は、重たくて、書いてると疲れてくるんですよね。
放っておくと何をするか分からないしww。

脇を固めてくれた人たちのお話しも、幾つかあるにはあるのですが、
先生と理子のラブストーリーからは、少し外れてる感じがしますし。
志水君と紫さんの絡みもねぇ。
この後、二人がどうなるのかは、ご想像にお任せします。
いずれ、気が向いたら、もしくは自分の中で醸成されて溢れ出てきたら
書くかもしれませんが、あまり期待されないで下さいね。

と言うことで、クロスステッチは、これで終わりです。
第三部は、存在そのものが未定と言う事で。
まっ、最大の理由は、ネタ切れって事なので(^_^;)

長い間のご購読、そしてご声援、ありがとうございました。
拍手やコメント、とても嬉しく、また励みになりました。

今後、別の作品も、興味を持って読んでくだされると幸甚です。


2010年 師走    narinari


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~

Re: コメント遅くなりました>OH林檎様 

OH林檎さん♪

コメントありがとうございます。
OH林檎さんには、随分励まされました。
ツイッターでの後ろ向きな呟き……。
途中で何度も、やめたくなったんですよ。
書くの止めたいって。。。
正直、次回作、書けるのか?って感じなんですけどね。
自分の中で渦巻いてるんですけど、気分が全く
乗って来なくて。。。困ったものです。

先生と理子は、今回は随分と辛い思いをし、苦しみましたね。
作者的にも可哀想に思うくらい。
特に、理子が障害を負うか否かの辺りは、泣きながら
書いてました。先生があまりに可哀想で。
何だかんだで、今回、酷い目にあったのは理子だけど、
一番辛い思いをしてるのは先生なんですよね。
別居の時もだし。
それでも、二人とも相手を愛する心を持ち続けて、
苦しみに耐えて乗り越えてくれたので、良かったです。

人物任せではありましたが、完全に任せると軌道を大きく
外れて収集がつかなくなる恐れがあるので、何度も
軌道修正しました。
二人の関係があまりに濃密なので、もう少し書きたかった
周囲との絡みが減りました。
それでも、今回は割と周囲の人間が活躍してくれてますが。

もう少し時間を置いてから、上手い形で、二人のストーリーの
中に周囲の人達のお話を組み込んで書けたらな、と思っていますが、
実現するかどうかは、ちょっと自信がなく……。
取りあえす、クロスはこれで終わりとしますが、
またいつか、二人の物語をお目にかける事ができたら嬉しいです。

これからも、応援して下さいね~^^

Re: NoTitle>水聖様 

水聖さん♪

ありがとうございます。なんとか終わる事ができました。
書き出すのは楽だけど、それをまとめて終わらせるって
難しいですね。終わりを迎えて、我ながら頑張ったかな、と。
理子はやっと精神的に満たされて、自立への道を歩き出した感じです。
ずっと彼女を縛りつけていたものから解き放たれて、
家族と先生の愛に支えられて更に成長していくことでしょう。
先生も、理子を愛するようになって、自身の成長をも
促されました。彼女を守り支える為には、自分自身が
大人にならないといけないわけで。
直情径行なので、感情が先走りがちで失敗を繰り返して来ましたが、
一回り大きくなって、前より魅力を増したかな。

クロスを書き終わって、今はちょっと虚脱状態です。
勢いで書いていた部分もあるだけに、まだちょっと
二人の世界から抜けれずにいます。
次の連載は、少しペースが落ちるかなと思いますが、
また宜しくお願いします。

水聖さんのコメントには励まされました。
本当にありがとうございました。

コメント遅くなりました 

兎にも角にも、お疲れさまでした。
途中から、narinariさんの苦悩が
理子や先生の苦悩とリンクして、
忘れらない第二部となりました。
苦悩が濃かったからこそ、
最後の”昇華”がとても穏やかで美しく…
今もまだ、読み終えた喜びを噛みしめてます。

始まりから終わりまでの流れは決まっているものの、
途中にある色んなプロセスは白に近い状態で、
書きながら流れに任せている部分があります。


ここ、全く一緒です。(一緒にするなって感じですが^^;)
自分でも何が浮かんでくるのか分らないので毎日苦労してます。
その中でキチンと書きあげられたnarinariさんを尊敬しますよ。
私は…ダイジョブなのか?(爆)

クロスの登場人物にもう会えないのは淋しいですが、
また新しい作品で魅力溢れる人物、人生に会えるのを楽しみにして…。


NoTitle 

長期連載、おつかれさまでした、そして完成おめでとうございます。
ラブラブな新婚生活から始まった第2部でしたが、お話が進むにつれ、いろいろと大変なことに。
理子ちゃんは第1部以上に辛い目にあいましたね。
流産・別居・病気、とどめに拉致されて暴力を受ける、と。
でも、いつも先生を愛することだけは忘れずにいた。
素子さんとも和解し、これからやっと穏やかな愛に包まれた日々が始まりそうですね。
毎日、かなりの量を更新されているのが素晴らしいです。お子さんもおられるし、コンサートに行ったりもしているのに、尊敬してしまいます。
次回作にも期待してますね。

Re: タイトルなし>YUKA様 

YUKAさん♪

ありがとうございます。
いつも読みに来て下さって本当に感謝しています。
朝イチの拍手を見るたびに、きっとYUKAさんなんだろうと、
励みになってました。毎回、拍手して頂き、凄く嬉しかったです。

私も二人と別れるの、寂しいんです。
ステキでエッチな先生と別れるのが特に(爆)
書けるものなら、永遠に書いていたいような(^_^;)

次回作は、クロスとも、またBbBともガラッと違う
設定と内容で、胸キュンは無く、ドロドロしてると思うので、
見捨てられたらどうしよう?って心配が。

最近、ましゃブログか?って感じでましゃ話題ばかりですが、
これからも、引き続き遊びに来て下さいね♪

感想コメント、ありがとうございました<(_ _)>

 

クロスステッチお疲れ様でした
第1部で嵌まって第2部再開を待ち焦がれてたので私的には終わってしまうのが凄く寂しいです(>_<)
雅春も理子も不器用で頑なだけど凄く魅力的な二人でした
毎日朝8時には二人にあいにサイト訪問してたのでやっぱり寂しいですよ~
narinariさんの作品は大好きなのでまた次回作に期待してます もちろんマシャの話も(*^o^*)いろいろ教えて下さいね!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。