ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

堺雅人


武士の家計簿 を観てきました。

2010.12.13  *Edit 

今日、ましゃ友ケティちゃんと二人で、映画「武士の家計簿」を

観てきました。

ましゃと様、素敵ぃ~~~

あの人の、あの微笑みが大好きです。

優しげで、だけど、どこか謎めいて。

お話は、加賀藩の御算用者、つまりは藩の帳簿を付けて

チェックをするお仕事に従事している藩士さんのお話。

天保年間から明治にかけての、猪山直之さんの人生模様、でしょうか。

代々、そろばんでもって藩に勤めてきた御家柄なのですが、

雅人様演じる直之さんは、特に「そろばん馬鹿」と言われる程の

そろばんの腕と清廉潔白なお人柄で。

帳簿の数字が合わない!!

それだけで、もう大変です。

どこも今と変わらないんですね。

私が春まで勤めていた会社と似たようなもので、

途中の数字が合わなくても帳尻が合えばいいって……。

でも、数字が合わないのって、納得いかないし気持ち悪いですよね。

直之さんも同じだったので、観ていてとても共感しちゃいました(^_^;)

だけど武家って大変よね。体面を保つ為に、何かと入り用で。

同じ御算用者として働くお父上や、そういう御家柄であるにも

関わらず、体面を保つ為や自身の趣味などにお金を使って

一家の借金が膨大になっていたりなんかして。

このままでは、破産して長屋住まいになると、直之さんが

一家の財政を立て直すべく奮闘され、家族は泣く泣く、

殆どの財産を売り払い、一挙に貧乏生活。

でも、そんな猪山家の様子はなかなかステキなのです。

お話は、どちらかと言うと静かに淡々と進んで行く感じ

なのですが、根底に暖かいものが流れている印象です。

そして、家族を守るべく、そろばんを弾く直之と、

その姿に複雑な思いを抱きながらも、父に厳しく

育てられる息子の直吉(成之)。そして、苦労を苦労と

思わずに夫を支える妻。

1人の男の生きざまが、派手ではないけれども、

一本の筋がきっちりと通っていて、迷いが無く生きているのが

胸に沁みてきました。

ステキな映画でしたねぇ。

観客も結構たくさん入っていました。月曜の朝1の放映なのに。

いい映画だと思います。

興味を持たれてる方は、是非、観てきて下さい。^^

お勧めです。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~

Re: NoTitle>kouchan様 

kouchanさん♪

ボケボケの准教授ですよね。
あまりにも意味不明で定義付け不能。もはや存在そのものが
不思議な気がしますwww

ファンなら分かるサブタイトル!
でも、オンパレードと言う程では……(^_^;)
データ整理、大変ですねぇ。
昨日は相当忙しかったみたいですね。呟き数が驚く程少なかったっ!
ひと段落したら、是非一気読みを。
長くて疲れますよ。そして、欲求不満になること間違いなし。ww

NoTitle 

でも、うちの准教授はもうすぐいなくなる卒業生に「何か必要なものないかねぇ?」と訊いたり、修士論文が終わった学生が来ないか毎日確認しに来たり…の繰り返しでしたorz
そういえば、小説の方、サブタイがましゃの曲のオンパレードになっていますね。ひと段落したら、一気に読みます! 今、データ整理してもやばいよ、マジでwwwの状況なので^^;

Re: 家計簿つながりで…>kouchan様 

kouchanさん♪

どうして全部使い切りたがるのでしょうね?
今度から訊かれたら、欲しいものをねだってみては
どうでしょう?
と言っても、もう来年はそこに居ない訳ですけど(^_^;)
 
私が勤めていた会社の社長なんて、帳簿上赤字の方がいいから(税金対策上)、
何か欲しいもの無い?って訊いてきたので、欲しいものをねだったのに、
結局、社長の欲しいものを買ってました。
だったら最初から訊くな!って感じですよー。

家計簿つながりで… 

うちの研究室なんか、年度末に予算が余ると教授陣からしつこく「何か必要な備品はないの!?」と訊かれます。特にないと答えると、数日後に大量の電源タップとレポート用紙、バインダーが購入されてました…。
赤字という発想はないみたいです♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。