ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記02


旅の思い出 03

2010.10.07  *Edit 

前回のお話の続きでございます。


初めての他人との旅行。

子連れとは言え、ワクワクしました。

メグちゃん、ミポリン、オリエちゃん。

メグちゃんとミポリンの2人は、私より5歳ほど年下。

オリエちゃんは2人より更に5歳ほど年下。

あははは、、、あは、あは…。ワタクシ、最年長でございます(^_^;)

でも、仲良しです。

メグちゃんが大きなお庭の大きなおうちに住んでいるので、

よく彼女の家へ子供共々遊びに行って、夏休みなんかは

バーベキューをしたりしていました。

今は引っ越しちゃって、年に1,2回しか会えなくて残念なんですが。

4家族合計11名なので、メグちゃんちの車と、ミポリンんちの

車の2台に分散してお出かけ。

私と息子はミポリンの車へ。

ミポリンの所は、男の子の双子ちゃんです。

2人そろって、自閉なので大変です。軽度ですけどね。

ここの双子ちゃん達は、うちの息子と同じ学年。

鉄道マニアです。

メグちゃんの所の息子くんと、オリエちゃんの所の息子くんは

一級下。

幼稚園も2年目に突入し、みんな最初に出会った頃よりも

大分落ち着いてましたが、やっぱり伊豆高原は遠い……。

距離は大した事ないんですよ。

だけど、道路がすごーく混むのです。

東名高速道路は、全然オッケーですが、厚木で降りて

小田原厚木道路と言う、自動車専用道路を走り、降り口の

小田原辺りから混みだし、熱海がピーク。

真鶴から熱海までは、もう、凄いんですよ。

そして、熱海から伊東までも、これまた非常に混んでいて。

伊東まで行くだけで、物凄い疲労です。

伊豆高原は更に先だし、伊豆高原まで行く人がまた多いせいか、

この先もまだ渋滞が続きます。

伊豆高原を過ぎると、グッと道路も空いてくるのですが、

目的地は伊豆高原ですから、結局ずっと渋滞で……。

伊東にある、道の駅・伊東マリンタウンに寄って昼食。

ここも非常に混んでまして。

お食事処とお土産のお店が連なっているのですが、なんせ子供が

7人もいるし、そのうちの1人が赤ちゃんで。

自閉児は5人もいるしで、波長が合わないんですよねー。

赤ちゃん以外は全員、男の子だし。

それぞれが、それぞれの好みの場所で立ち止まり、

夢中になって動かない。

一方で、あちこちへ動き回りたがるウチの息子。

そして、トイレを済ますのにも、一苦労でした。

なんせ、周囲は混雑してるわけですから。

ちょっと目を離すと、はぐれるんです。他の母子と。

携帯を持ってはいるものの、周囲がうるさいせいか、

かけても気付かないし。

食事も、食べ物にこだわりの強いお子さんがいることもあり、

なかなか、どこの店に入るか決まらず、3周くらいして、

やっと妥協したのでした。

伊豆高原には、ぐらんぱる公園って大きなアスレチック中心の

公園があるのですが、生憎この日は天気が悪く、行けませんでした。

でもまぁ、すでに道の駅で疲れきっていたので、逆に

お天気が悪くて良かったのかも…と、母たちは思ったのでした。

メグちゃんの車のナビを頼りに、貸別荘へ行ったのですが、

近くまで来て迷ってしまいました。

貸別荘は大室山の麓近くの森の中みたいな場所で、

ナビ上から道路が無くなってしまったのです。

でも、実際には道路はあります。

同じ場所を何度も行き来しても、どうしても見つからず、

管理人に電話。

そうしたら、私達がいた場所は、貸別荘の裏側で、

車では入れない場所だったのでした。

ここでも、大分疲労しました……。

さて。やっと到着した貸別荘は、普通の二階建てのテラスハウス、

みたいな建物でした。

夕飯は、バーベキュー。

普段、メグちゃんちでやるバーベキューの時には、

着火にものすごーく苦労しているので、今回も一抹の

不安があったのですが、驚くほど簡単に火が点いたのにはビックリ!!

ちゃんと、誰でも簡単に、すぐ点くように準備されてるんですね~。

火力も強く、もう、それはそれは、焼ける速度が速くて、

盛り上がりました。

夜のバーベキューって、興奮しますね。

まるで、ファイヤーストームを目の前にしているような錯覚です。

食事が終わり、お風呂が終わり、子供たちを寝かしつけて、

母たちはダイニングで飲みながらのお喋り。

一番若いオリエちゃんは、子供の添い寝をしたまま、

そのまま寝てしまい、遅くまで起きて喋っていたのは、

私と、メグちゃん、ミポリンの3人でした。

この時間が、この旅行で一番楽しい時間でしたね~。

女だけで遅くまで。

パジャマパーティのようでした。

なんせ、十代の時に、仲良しの友達の家でのお泊まり会に

毎度毎度参加できずに悲しい思いをしていた私です。

もう、子供もいるって年齢にも関わらず、十代に戻ったような

ときめきを感じながら、お喋りに興じてました。

惜しむらくは、子連れと言う事。

ホテルじゃないから、翌朝、朝食の支度をしなければならず。

子供の世話もあるから、幾らなんでも、あまり深夜までは

起きていられません。

それに、また車で帰宅しなきゃならないし。

そんなわけで、1時には就寝しました。

翌日も、天気は雨。

どこへも遊びに寄る事が出来ず、トイレ休憩と昼食以外は

車の中でした。

東伊豆の道路は、帰りも渋滞で大変だったんです。

トイレと昼食以外はどこにも寄らなかったと言うのに、

帰宅したのは夕方の4時頃でした。

行く前は、非常にノリノリの母4人でしたが、帰宅後、

だ~れも、「また行きたいねぇ~」って言葉を口にしません。

誰もが心のうちで、もう懲り懲りって思っていたのでしょうねぇ。

あれから7年が経ちますが、その後一度も一緒に旅行した

事がございません……。 


これが、最初で最後の、他人との旅行なのかなぁ~~~

と、残念に思い続けていたワタクシでしたが、

なんと、二度目の他人様との旅行の機会が、それから

6年後に巡って来たのでございます。

それは去年の3月です。

相手は、ましゃ友ケティちゃん。

そして、場所は大阪………。

これぞ、正真正銘の、友人との女2人旅!!

ワクワクもんでした~^^


                  つづく。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。