ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

Book レビュー


『朗読者』  ベルンハルト・シュリンク著

2010.10.03  *Edit 

ブックレビューのカテゴリを設けました。

現在の物、また過去に読んだ物などを時々載せようと思います。

今回は、数年前に読んだ、 ベルンハルト・シュリンク著の

『朗読者』。

2年前くらいに、「愛を読む人」と言うタイトルで映画になりました。

作者はドイツの弁護士で、49歳でミステリー作家となり、

その処女作がベストセラーに。

本作はその2作目にあたり、発表後、数々の賛辞を浴びて、

ドイツでの刊行後5年間で20以上の言語に翻訳され、

アメリカでは200万部を超える大ベストセラーになりました。

日本でも、評判を呼びましたが、軽い本ではありません。

物語は、ドイツの15歳の少年が主人公で、彼が語る一人称で

物語が進んでいきます。

時代は第二次大戦後。

学校の帰りに気分が悪くなり、あるアパートの前で吐瀉した所を

住人である36歳の女性に助けられました。それから数ヶ月後に

お礼に行った事が物語の発端。

やがて二人は肉体関係を持つようになり、その関係は1年近く

続きますが、ある夏の日に、彼女(ハンナ)は忽然と少年の前から

姿を消してしまいます。

そして6年後。二人は再会。

ある裁判での被告人と、法学生としてゼミの研究課題の為の

傍聴人という立場で。

だから再会と言っても、二人は遠く隔たれていて、言葉を交す事もありません。

この本は、とても考えさせられる事が多い作品でした。

だからか、読後も、「面白かった」とか「感動した」とか、そういう

単純な感想ではなく、もやもやしてました。

だからと言って、否定的な感情と言うわけでもありません。

テーマ自体が難しいのかな。難しいと言っても、難解で読むのが大変、って

意味ではなくて、数学のようには割り切れない、一つの答えが出てこない、

そんな感じでしょうか。

前半は、中年女性ハンナと少年との恋愛なのか良くわからないけど、

二人の愛欲のような世界が描かれていて、その中には彼女の人生への

伏線が様々に散りばめられているのですが、それらはその時点では、

伏線とも思えないような感じです。親子程違う、しかも10代の少年と

中年女性の情事ですし、またハンナと言う女性は非常に捉えどころが

なく、読んでいて不思議な印象なんですよね。

ですが、この前半に張られた伏線は、後になってから、主人公と

一緒に気付かされる事となります。

背表紙には、『残酷な愛の物語』と書かれていましたが、果たして

この作品は愛の物語なんだろうか、と疑問に思いました。

私には、この中年女性がとても哀れに感じたし、また、彼女のとった

行動にも多少の疑問も感じました。

また、裁判のあり方や、責任の処し方、人間の精神の問題など、

色々な角度から考える事を余儀なくされたように思えました。

特に、人が人を裁く、といった問題に対して、改めて考えさせられた

のですが、これに関しては自分の中で答えが出ません。

この問題に関しては、近年、法学を学んでいた時にも問いかけられた

問題で、色々な矛盾を抱え、答えどころか方向性さえ見出せないで

いる問題でもあります。

筆者も弁護士だし、主人公の少年も、自分の中で消化できないで

いるような、心の中の疑問に対する答えが無い状態で物語が終わって

いるせいか、こちらも何か、読後の気持ちがスッキリしないのです。

問題を提示したまま、答えが無い、そんな感じでしょうか。

答えは自分で考えて自分で見つけ出す、と言うことなのかもしれません。

ただ、私としての願望を言えば、ハンナの生い立ちに関する、

詳しい情報が知りたかったです。それとハンナの感情・・・・。

物語は主人公の1人称で進んでるから、彼女の感情は、彼が見た

外見に現れている範囲内でからしか理解できなのが、辛かったです。

そんな中で、凄く胸に沁みた彼女の言葉。

それは彼女が裁判中に発した言葉で、

「じゃあわたしは・・・しない方が・・・ジーメンスに転職を

申し出るべきじゃなかったの?」

こう、自分に問い掛けた言葉が、とても強く、胸を打ったのでした。

ネタバレになるので詳細は書けませんが、ジーメンスへ転職した

ばっかりに、こういう顛末になってしまったと言っても過言では

無かったのかもしれません。

満足な教育を受けられなかった1人の真面目な女性が、何もわからない

まま戦争で利用され、戦犯者として裁かれる事になってしまった

悲劇のお話です。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。