ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常4(2010.08~09)


ある人に困ってます

2010.09.28  *Edit 

土曜の飲み会の話ですが。

これまで、子供が通っている支援級のママさん達と、

こういう「飲み会」と言う機会を持ったのは初めてでした。

年に1回、茶話会があります。

これは、普通級でもあります。PTAでの恒例行事みたいなもので。

強制と言うわけではないですが、開く事になっています。

仲の良いクラスは、これ以外でも何度か持つこともあるようです。

うちの支援級でも、ウチとましゃ友ケティちゃんが入学する前までは、

複数、食事会や飲み会を持っていたようですが、働くお母さんが

多くなったせいなのか、私たちが入学してからは、そういう事もなく。

お迎えに来るお母さんも極少だった為、保護者同士の交流を持てずに

ずっといたのですが、そういう上の学年の方たちが次々に卒業され、

私たちより下の学年が上がってくるに従って、交流が増えだしました。

隣の学校の支援級のママさん達からも、交流のお誘いが来るようになり。

保護者同士の繋がりが出来て来ると、情報交換も盛んになり、

先生達への要望も皆で団結して出すようになって、クラスも改善傾向に

なって喜んでいたところなのですが。

一昨年の2学期に、2年下の男の子が転校してきました。

そのお母さんが来てから、少しずつ歯車が狂いだした気がします。

先生方が、その方とお子さんをヒイキしだしたんです。

多分、最大の理由は、余所からきたその方が、クラスの現状を

よく知らずに、私たち保護者からクレームを浴びている先生方の

味方をするような発言をされたから、のように思えます。

以来、先生方は、その方のいいなりです。

その方は、悪気は全くないんですよね。

でも、中立だ、とおっしゃっているわりには、全てにおいて先生寄り。

困った事に、って言うか、別に困らないんですけど、その方は

牧師さんなんです。

女性の牧師さん。

何て言うか、一般常識が通用しないんですよ、何故か。

先生に良くして貰ってるこをと、ましゃ友ケティちゃんに、普通に

話すんですが、良くしてもらってない彼女は、その度に、

ストレスを貯めてます。そのストレスが、私に来るからたまらない。

「ましゃ友ケティちゃんも、やってくれるように言えばいいのに」

と、平気な顔をして言うのだとか。

過去に散々言ってきて、やってもらえなかった事を話してあるのに、です。

先生に頼みごとをする場合は、「こちらもお手伝いします」と

言わなきゃ駄目だと言うそうです。

基本的には間違ってはいないとは思うのですが、お手伝いにも

限度と言うものがあるでしょう。

夏の宿泊学習での調理のお手伝いも、彼女が先生方に

「他の保護者にも手伝いをお願いしたらいい」

とアドバイスしたから、みんなに手伝いに来るようにプリントが

来たと聞き、驚きました。

親元を離れて、自立を目的とした宿泊学習に、保護者を呼び出す。

可笑しな話なのに、保護者が手伝うのが当たり前と考える彼女の

提案に、先生達は乗ったわけです。

来てくれた方が、先生たちも楽ですものね。

「下のお子さんがいるから手伝いに来れないって言うのも、

おかしいと思う。連れてくればいいだけなのに」

と、言ってるそうです。

下の、小さいお子さんを連れて来て、お手伝いになるのでしょうか?

ましてや調理。刃物や火を使うわけで、危険じゃないですか。

目を離せません。お手伝いなんかできないでしょう。

ましゃ友ケティちゃんは、家が近いのもあるから、自分が言った事は

言わないでくれ、としきりに頼みます。

今回の飲み会でも、そういう話になりました。

聞いたみんなは、逆に言った方が良いんじゃないか、と言いましたが、

ましゃ友ケティちゃんは、それで仲たがいになっても……と、非常に

及び腰です。

私だったら、別にそれで仲たがいになっても構いません。

角が立たないように、言っても分からずに仲たがいになるのなら、

そういう人と長く付き合いたくないし。

近所と言っても、大きな道路を挟んだ向こう側で、町内会も違います。

来年の春には、こちらは卒業するわけですし。

「でも、色々良くしてもらってるし、悪い人じゃないの。

いい人なのよ」

と、しきりにかばうのですが。

でもねぇ。。。

運動会の4年の踊りで、1人1つ、クッキーやチョコなどの詰め合わせの

丸く平たい缶で太鼓を作って使うのですが。

120人からの生徒が一斉に、その缶を必要とする為、近所のスーパー

には既に売って無くて。

それを、先生方に探してくれるよう依頼してるんですよ。

先生方も、「何とかして探します」って…。

なんか、おかしくないですか?

私だって無かったけど、八方手を尽くして探しましたよ?

彼女は牧師で毎週末横浜の教会へ出掛けます。

途中で電車を乗り換えるし、横浜にだって売ってるんじゃないですか?

頼む方も頼む方なら、引き受ける方も引き受ける方です。

4年生、もう1人いるんですよ?

なのに、何故、彼女の所だけ?

頼まない方が悪いって言うんでしょうか?

じゃぁ、120人もの方達がみんな頼んだらどうなるの?

一事が万時、こんな調子なんですよ。

そういう訳で。

今回の飲み会、彼女を誘いませんでした。

本当は、最初から誘いたく無かったんです。

でも、ましゃ友ケティちゃんが、

「土日は教会の仕事で忙しいから、誘っても来ないから」

って、言ったのです。

誘わないのはやっぱり問題だから、誘うだけ誘えって。

誘っても、絶対に来ないから、って言うので、回覧を彼女にも

回したんです。18日と25日のどちらが都合が良いかって。

そしたら、18日の方が良いが、25日でもOKとの返事が来て、

おいおい、話が違うじゃないのぉ~~~と ビックリしました。

シングルマザーのお母さんが、25日がいいとの事だったので、

25日にしましたが、それを伝えるかどうか迷いました。

だって、学校や先生方への不満が爆発する事は予想に難くない

飲み会で、先生寄りの人がいたら言えることも言えないじゃないですか。

正直な所、私はもう先生方へは何の期待もしてないし、要望する事も

全くありません。能力無いのは十分にわかってますから。

だから、本当はどうだっていいんです。

でも、彼女が来てから、相いれない物をずっと感じていて、

ましゃ友ケティちゃんの話を聞いて、更に、彼女とも何度か

会話を交わして、やっぱり、どうも、同じ場にいたくない気持ちが

強くてですね。

いたら、気持ち良く飲めない思いだったんです。

だから、決意しました。

私、悪者になってもいいから、彼女を呼ばない。連絡しない。


あ~~~、いやですねぇ~。

のけ者にしちゃいましたよ……。

でも、PTA行事の茶話会じゃないし。

私が、みんなと飲みたくて言い出したイベントだし。

言わば私的会合ですから、いいですよね?

元から友達づきあいしているわけじゃないし。


だけど、色々話してて思ったのですが。

ましゃ友ケティちゃんは、学校への要望が多いんです。

入学した頃にあった、調理実習が無くなりました。

ましゃ友ケティちゃんは、復活して欲しくて、彼女に言い、

それを彼女が先生に言って、やる事になりました。

やる事自体は、悪くないんです。

でも、彼女の考えは、保護者はお手伝いが当たり前、ですから。

正直、それに巻き込まれたく無いんですよね。

学校の授業でやる事に、親を引っ張り出すのを良い事とは

思えないので。

性教育に関しても、ましゃ友ケティちゃんが、学校でやって欲しい

って事を彼女に言い、彼女が先生方に言ったそうです。

主幹の女教師は戸惑ったそうですが、一番若い男性教師は乗り気

だったとか。

でも、性教育はデリケートですよね。

無責任に安請け合いして、ヘンな授業でもされたら、

逆に困っちゃいます。

先生方も、きちんとした教育方針をお持ちじゃないようで。

子供たちは自閉系と知的障害児ですから。

最初が肝心なのです。

一度、思いこんだら簡単にリセットできません。

普通級の生徒さん達と一緒に、性教育の授業を受けるならまだしも、

支援級の、いい加減な先生たちによる、いい加減な授業は大迷惑。

だから、なんでもかんでも、彼女に頼まないで欲しいと、この際だから

ましゃ友ケティちゃんに言いました。

自分たちが頼むとやってくれない先生方も、彼女から頼まれると

やるのです。だから、要望があったら彼女を通すといいと言うんです。

だけど、ちゃんとした教育観や理念もなく、あれをやってくれ、

これをやってくれ、と言ってもね。

飲み会で色々話してて、私も本当に、ましゃ友ケティちゃんとも

もう少し距離を置いた方が良さそうだな、と実感しました。

この分でいくと、多分、進路も別れそうですし。

これ以上、深い入りしない方がいいみたい。

子供の将来に望むもの、その為に必要な将来に向けての支援方法。

考え方が根本的に違うんですよね。

一貫性が無いし。

人の話を聞いても、聞くたびに感化されてます。全く違う考えでも。

自身の価値観やビジョンが無い人なので、人の話に左右されやすい。

柔軟と言えば柔軟だけど、核が無いから矛盾した事でも平気です。

そして、やる一方で愚痴が出るので、聞かされる私はいい加減、

ウンザリしてきて……。

だから、余計に疲れちゃったのでしょうか?

でも、他の3人も、ましゃ友ケティちゃんの話に、最後の方では

反応しなくなってました。思う所は同じでしょうか。。。。。


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: NoTitle>lime様 

limeさん♪

本当に色んな人がいますね。
障害のある子供を抱えているだけに、なるべく
人との縁は大切にするよう心がけているのですが。

どうしても駄目な人もいるわけで。
無理してストレス貯めても損するだけなので、その辺は
見極めるようにしています。

学校の先生は酷いですよ。
特に今いる3人は若くて、能力も低いので。
学生の延長みたいなノリでやってるので、たまりません。
それでも、あと半年で卒業なので、必要最低限だけの
関わりにするようにしています。
キリが無いほど、酷いので^^

だけど、保護者との付き合いってほんと大変。
価値観も教育観も、まるで違うとねぇ。。。

NoTitle 

お母さん方って、本当にいろんなタイプの人がいますよね。
私も仕事で忙しくなるまでは、幼稚園や小学校のPTA活動にどっぷりはまって、けっこうしんどかった思いがあります。
体調を崩してからは、なるべく自分と合わない人とは距離を置くようにしています。
母親って、そんな面も大変ですよね。
narinariさんの学校の先生も、なんだか・・・ですね。一貫性が一番大事なのに。
私も少しそういう体験があるので、その気持ちよくわかります。
なかなか、逃れることのできない苛立ちですが、ストレスのたまらないように、交わしていってくださいね。
(もうすっかり子育て終わった顔してますが、真っただ中。あまりお母さん方と付き合ってないのがばれちゃいますね・笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。