ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・クロスステッチ第2部 <完>
7.終 息 ~ 9.試 練


クロスステッチ 第二部 9.試 練 06

2010.09.27  *Edit 

「久し振り~」
 理子は最上ゆきと、自宅の玄関で抱き合った。
 久し振りにゆきが理子の家へ遊びに来たのだった。考えてみると、
みんなと一緒に遊びに来た時以来だ。ゆきは短大へ通っている。
短大の方が4年生大学よりもカリキュラムがハードだ。だから
大学へ入ってから会えずにいたのだった。
「先生は?」
 玄関で靴を脱ぎながらゆきが訊いてきた。
「いないの」
 理子は素っ気なく言うと、先にリビングへと歩いていった。
「いないって、どこかへ出かけてるの?」
「まぁ、取りあえず座って」
 理子はぎこちない笑みを浮かべると、ゆきの好きな紅茶を
淹れるべくキッチンに立った。
「ねぇ、理子ちゃん。痩せたんじゃない?」
「えっ、そう?」
「うん。大丈夫?」
 ゆきが心配そうな顔をしている。そのゆきに理子は笑いかけた。
「大丈夫よ」
「ならいいけど・・・。ところで、例の噂の件。落ち付いて良かったね」
「うん。ゆきちゃんには色々と力になって貰って、本当にありがとう」
「ううん。当たり前だよ。親友が困ってる時に力になるのは。だけど、
綾子さんには驚いた。そんな人とは思って無かったから・・・」
 悲しい顔をしているゆきを促して、理子は紅茶を持ってリビングの
ソファへと移動した。
「それは私も。綾子とは昔からイマイチ合わないのは感じてたけど、
あんな事をするとまでは思って無かったからね」
 二人はソファに座って、紅茶に口を付けた。
 綾子はどうしてそうも理子に敵意を抱くのだろう。虫が好かないと
言うのなら、最初から付き合わなければいいのに。それとも、
だからこそ理子の困る姿を見たいと思ったのか。
「綾子さんも、あそこまで大ごとになるとは思って無かったのかも
しれないね」
 ゆきの言葉に、理子は少しだけ不快になった。今度の事で、理子は
とことん綾子が嫌いになったからだ。一体理子が、綾子に何をしたと
言うのだろう。長い付き合いだから、感情の行き違いが度々あるのは
仕方が無い事だろう。それについてはお互い様な筈だ。
 いくら気に入らないからと言って、あそこまでする神経が
理解できない。そこまで根性が悪いとはガッカリだった。
 そんな理子の様子に気付いたのか、ゆきが「ごめんね」と言った。
「どうして謝るの?」
 理子はゆきに微笑みかけた。
「綾子さんを庇うような事を言ったから。理子ちゃんは被害者なのに…」
「ありがとう。でも、ゆきちゃんは、ずっと綾子に好意を持ってたから、
悪く思いたくないんだよね。そういうゆきちゃんが、私は好きだよ」
「理子ちゃん・・・。あたしも理子ちゃんが好き。理子ちゃんが
一番好き。だからあたし、さっきから理子ちゃんの顔色がイマイチ
なのがとっても気になるんだけど」
 ゆきは心配そうな表情をしていた。
「バイト疲れかな」
 と理子は言った。
「バイトって何してるの?」
「本屋さんで働いてるの」
「ええー?それって、結構肉体的に大変じゃないの?」
「そうでもないよ。長い休みだから体を動かしてないと鈍っちゃうし、
ちょうどいい運動になるの」
「先生は、何て言ってるの?」
「先生は、知らないの」
「それ、どういう事?何かさっきからおかしいよ。先生と何か
あったの?」
 ゆきが家へ遊びに来る事が決まった時に、話さなきゃいけないと
覚悟は決めていたが、いざ話すとなると何からどう話して
良いのかわからない。
「実は、別居してるの、先生と」
 理子は目を逸らして言った。
「ええー?」
 予想通り、ゆきはひどく驚いた。
「一体、・・・どういう事?どうしてなの?なんで?信じられないよ」
 悲しそうな顔をした。
 理子は妊娠した時からの一連の出来事をゆきに語った。
「そんな・・・」
 理子の話を聞いたゆきは、すぐには言葉が出てこなかった。何て
言ったら良いのかわからない。何だか凄く悲しい。
 理子の気持ちは、半分は解るが半分は解らなかった。どうして
そこまで思いつめるのだろう。どうしてそこまで自分を追い込むの
だろう。理子はもっとポジティブな人間だった筈だ。ゆきの色んな
悩みにも、いつも励まし元気づけてくれた。理子のお陰で、弱気な
自分がどれだけ頑張ってこれたか。その理子が、悲しみの岸辺に
打ち上げられて喘いでいる。でも自分はどうしたら良いのかわからない。
 ゆきは正直に自分の気持ちを言ってみた。
「どうしてそんなに、先生を拒否するの?・・・どうして先生と、
もっとよく話し合わないの?」
「ゆきちゃん・・・」
 理子はゆきを見た。悲しみの中に怒りの感情が垣間見えた。
「望まない妊娠と流産をした事で、セックスに対して拒否感を
覚えるのは私にもわかる。でもそれは、再び妊娠することへの
恐れが原因でしょ。そういうのは、時間をかければ変化していくと
思うよ。でもって、それは夫婦二人で乗り越えていくものじゃ
ないの?愛し合ってるのなら、辛くても乗り越えてゆける
ものじゃないの?」
「また妊娠する恐れだけじゃないの。それならきちんと避妊すれば
済むことだし。それよりも、私が嫌悪するのは快楽なの。先生と
いると、それに溺れてしまう。それが嫌なの。だって、子供は
その快楽の結果もたらされたものなんだもの。だから、その事に
物凄く罪悪を感じるの」
 ゆきはため息をついた。
「理子ちゃん。セックスには快楽がつきものだよ。溺れるのが嫌なら、
溺れないように努力するしかないじゃない。全てを否定するなんて
おかしいよ。それに、そういう事を先生とちゃんと話し合って
ないでしょ」
 ゆきの言う通りだった。理子は雅春との話し合いを拒否して、
ただひたすら、自分の思いを押し通した。話し合ったところで、
堂々めぐりになると思ったからだ。それに、精神が疲れていて、
とにかく一人になりたかった。
「理子ちゃんは結局のところ、先生を愛せなくなったの?
もう愛してないの?」
 理子は頭を振った。
「愛しているのに別れるなんて、愚かだよ。枝本君との時を
思い出してみてよ。理子ちゃんはあの時と同じようなことを
またしてるんじゃない?」
 『枝本君との時』とは、中学の時の事だ。やっと両想いに
なったものの、現状に耐えられなくなって、まだ好きなのに
自分から別れたのだった。
「あの時と状況は違うけど、共通しているのは、ちゃんと話し合わずに
一方的に結論出しちゃってるところ。しかも、それは逃げでしょ」
 ゆきは、あえて厳しい事を言った。一緒に泣いて慰めてあげたい
気持ちもあったが、それではかえって良くないように思われた。
 二人は別れるべきではない。絶対に。
 理子はゆきに痛いところを指摘されたと思った。それに、
今までの儚げで弱弱しいゆきにしては強い物言いなので驚いた。
 はっきり言われて初めて気づく。確かに私は逃げている。
「ゆきちゃん、はっきり言ってくれてありがとう。ゆきちゃんの
言う通りだと思う。だけど、私、気持ちがどうにもならなくて、
とにかくまずは一人になりたかったの。一人になってみたかった」
「それで、一人になってみて、どうなの?」
「まだよくわからない。考えるのが辛くって。だから本屋さんの
仕事を選んだの。体を忙しく動かしていれば余計な事を考えなくて
済むでしょ。疲れるから夜もすぐに寝つけるし」
「そうだね。寝れるっていうことは健康的でいいよね。その点は
本屋さんで良かったのかも。だけど、いつまでも考える事から
逃げてたら駄目だよ。いつまでたっても解決しないよ」
「時間が、解決してくれない?」
「ばかっ!」
 ゆきが大声で怒ったので、驚いた。
「いつから理子ちゃんは、そんなに情けなくなっちゃったの?
考える事を止めて時間の流れにどっぷり任せてる理子ちゃんは
楽でいいよね。でも先生は?どうして先生の事をもっと考えて
あげないの?先生だって苦しんでるんじゃないの?愛する人を
苦しめたままでいいわけ?」
 理子の胸が痛んだ。
 ゆきは泣いていた。ポロポロと涙をこぼしていた。
「ゆきちゃん、どうして泣くの?」
「だって、・・・あまりにも悲しいんだもん。悔しいんだもん」
「ゆきちゃん・・・」
「誰にも言えない辛い恋をしてきて、やっと一緒になれたって言うのに。
どうして、そんなに簡単にサヨナラできちゃうの?あんなに、
お互いに信じあってたじゃない。愛し合ってたじゃない。今だって
まだ愛してるんじゃない。なのに、どうして・・・」
 ゆきはそう言うと、マンションを後にした。
 残された理子も、泣いていた。


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。