ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常4(2010.08~09)


その母性本能に問題有

2010.08.12  *Edit 

先日出掛けて行ったチョーク工場。

ましゃ友ケティちゃんの車に乗って、総勢5人で行きました。

先生方は現地集合だったので、車の中はお母さん達のみ。

それでまぁ、話に花が咲きました。

5人乗りのキューブで5人乗ってますから、盛り上がりますよね。

それで、どんな話だったかと申しますと、夫婦と男女の話ばかり。。。

見学が終わった帰りの車内でも、チョーク工場の感想は早々に

終わり、男女の話ですね。

帰着後も、昼時と言う事もあって、そのまま皆でバーミヤンに

入り、延々夕方まで喋ってました。

みんなの共通は、子供が生まれる前の夫婦の間は良好だったのに、

子供が生まれてから、喧嘩するようになり、感情のスレ違いが

増え、微妙な関係に変化してきてるようで……。

夫婦喧嘩の絶えなかった親の家庭で育った私は、もし自分が

家庭を持つなら、喧嘩の無い穏やかな家庭にしたいとの願望が

あったんですが、まぁその願望通りの家庭になっているとは

思います。喧嘩らしい喧嘩はした事がございませんが、不機嫌に

なる事は多々ございます。

子供が生まれてからは、確かにしなくていい争いが生じるように

なったとは思います。特に障害児でもあるので、あまりの煩さに

ダンナは静かにさせる為に子供の要求を飲むように言ったことがあり、

その時には私、キレかかりました。

働いて家にいないダンナとは違って、24時間ずっと煩い子供と

一緒にいる私としては、許せない発言だったんですね。


それで、他のご夫婦でも、それぞれに色々とおありで。

話を聞いていると、男性には申し訳ないのですが、男性特有(?)の

子供っぽさから来る、女性側のジレンマや苛立ちなんですよね。

男女の根本的な考え方の違いから生まれる摩擦です。

多分、多かれ少なかれ、どちらの家庭でもあるんじゃないかと

思います。

でも、女性としては、大変な子供を育てているからこそ、精神的に

支えて欲しいし、その労力を少しでも軽くしてやろうと言う、

思いやりの行動を求めてしまうわけです。

しかしダンナ様方は、仕事で疲れているのに……的な思いが

お有りのようで。


その中で、御一人、ダンナさんのDVにより、裁判離婚をされた

方がいらっしゃいまして。

5人のお子さんを抱えているので、フルタイムで働いてらっしゃり、

大変そうですが、そういう話から離婚話にまで発展。

「やっぱり、いつ離婚してもいいように、女は準備しとかないとねぇ~」

「ダンナさんが浮気したらどうする?すぐ離婚する?」

「私ならしない。相手の思うツボじゃん?慰謝料も大してとれないし」

「支払い能力が無かったら無理だもんね」

「養育費だって、払えなくなったらお終いだもんね。結局損だよね」

「でも、生活に困らないだけの収入があれば、離婚する~」


……、などなど、案外みなさん、冷めてます。

そして、ましゃ友ケティちゃんは、

「私は離婚したいのよねぇ」

と切実におっしゃります。

彼女の思いは、付き合いの深い私は常々よく聞いています。

彼女は親の勧めで見合い結婚。

見合い後、相手をよく知らないまま3か月で結婚したんだとか。

でも最初、断ったんだそうです。

大人しい方なのですが、一緒にいても楽しく無いようだし、

なんとなーく変な人と思ったそうで。

ところが、断ったら、ダンナさんは家まで訪ねて来られたそうです。

「どうか、考え直して下さい」って熱心に言われ、花を渡されて。

そんな風にされたら、自分は必要とされている、と思いがちだし、

出された花は、仏花だったんだそうで。

それを見て、不器用な人だ、私がいないと駄目そうだ、と、

ついつい、母性本能を刺激されて、一緒になってしまったんだとか。

母性本能を刺激されて一緒になったものの、大人しいだけで

会話らしい会話は無く、新婚旅行は非常につまらなかったとか。

おまけに、一緒になって物凄いケチだと分かったそうで、家のお金、

生活費、全てダンナさんが管理。

ましゃ友ケティちゃんは、元銀行員です。

なのに、お金を任せて貰えません。

何を買うにも、いちいち文句を付けられて、とにかく安い物を

選ぶんだそうです。

そして、一番大変だったのが、娘さんのAちゃんの障害が分かって、

初めてダンナさんもアスペルガーだと言う事が判明。

どうりで、感情が薄く、非社交的な筈。

男性は気の利かない人の方が多いと思いますが、その範疇を超えた

気の利かなさ。いちいち言葉で指示しないと何もしない、できない。。

子供だけで大変なのに、手助けしてくれるどころの話じゃない。

最近は、もう生理的に受け付けられない程嫌で、でも自分が見捨て

たら可哀想と言う、同情だけで一緒にいるとおっしゃってます。

そういう家庭生活のせいで、彼女は睡眠障害になってしまい、

精神科で薬を貰っているものの、それでも眠れず、毎日4時間

くらいしか寝て無いそうで、ものすごーく眠そうな顔をしています。

そんな彼女が、支援級の3人の担任のうちの1人の若い男性教諭を

気に入ってしまい、お互いに離婚できたら、一緒になりたと思うほど

好きだって言いだしまして。

その先生は、非常に気の利かない男性です。

取り得は非常に子供が好きだと言う事くらい。

一生懸命さはあるんですが、はっきり言って能力は低いです。

話すのも下手くそで、いつもどもってます。覇気と言うものが全く

ありません。人柄は確かに良さそうなんですが、私は話していると

イライラしてしまいます。

事務的なミスは非常に多いし、電話でのやり取りでさえ、

どもって話がなかなか先へ進みません。こちらが先取りしたく

なる程で、用事が済んでも自分から電話を切るタイミングが分からない

ようで、シーンとしてしまう事も……。

でも、ましゃ友ケティちゃんは、その誠実さと不器用さが

好きなんですって。助けてあげたくなるんですって。

でもねぇ。

それって、危なくないですかぁ?

ダンナさんの時も、そんな母性本能のせいで失敗したのでは?

絶対、一緒になったら、共に暮らすうちにイライラして、

耐えられなくなるよぉ?同じ事の繰り返しだと思うよぉ?

と言ったのですが。

結局ね。

好みなんでしょうね。

だから、似たような人を選ぶ傾向にあるわけなんですよ。

それで、何度も同じ失敗を繰り返す事になるんです。

私は、もし離婚したら、再婚はしたくないですね。

面倒くさいし。

結婚せずに、付き合うだけにしたいです。発展しても

同棲でとどめます。


あ、そうそう。

ましゃ友ケティちゃんは、先日、婚約指輪を売ったそうです。

お金をしっかりダンナさんに握られているので、自分のお金が

無いのです。

結婚前の貯金は、家を買う時の費用にしたんだそうです。

後悔されてます。

ダンナさんには内緒で、新しく自分の口座を開いて、ヘソクリを

貯めるよう、みんなからアドバイスを受けたので、

実行に移す決意をしています。

パソコンおんちなので、ネット銀行も利用できないようで。

今度私が、パソコンのレクチャーをしてあげるしかないですね。

でも、DVDとかテレビでさえ、未だに理解できずに使えない

人で、彼女の家で私の持参したDVDを観る時も、使えない彼女に

変わって、私がやっていると言う……。

他所のお宅の、自分ちとは違う機械を操作させられてる私で

ございます。。。

これで上手く離婚できても、また母性本能のせいで同じ過ちを

繰り返さないよう、祈るばかりでございます。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: NoTitle>eizou様 

eizouさん♪

おおっ!
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
マサフジさんの所でよくお見かけしてます。
今後とも、よろしくお願いします。


> 男女だとか夫婦だとか、考え始めるとキリが無いですねぇ。

そうですよね。年を重ねる程に、違う生き物なんだって
実感してます。違う生き物なんだから、分かり合えなくて
当たり前。望みや意見は言わなきゃ通じない。
そんな風に思っています。

> で、失敗して愚痴ってきたら「自分で選んだ結果じゃねえか、ブツクサいってんじゃねぇ!」って切れてみますね、1回は(笑)
キレる事が出来れば嬉しいですが、その後の人間関係を思うと…(^_^;)
でも、この記事の女性もですね。ご両親に、
「結局最終的に決めたのはお前じゃないか」と言われたそうで。
確かにそうなので、仕方ないと半分は諦めているようです。
ご両親も、そうは言うものの、子育ての応援で頻繁に行かれていて、
相手の事を知るにつけ、実家に金があれば離婚させてやるのに、とも
おっしゃってるそうなんで、相当なんでしょうね。


子供のしつけに関しては、両親は基本的に一致している方がいいですよ。
言う事が違ったら、子供も混乱しますから。
うちも基本的には一緒です。
ただ、父親の方が甘くて、すぐに手を貸しちゃうんですよね。
私が厳しいので、バランス取れてるとは思いますけども。

子供が出来ると、1人じゃ生きていけない子供ですから、
どうしても親は子育て第一になっちゃうんですよね。
夫婦で息が合ってるといいんですけど、合わない所はとことん
合わないようなので、そういうご家庭は大変だと思います。
互いに感謝と思いやりがあれば、大分違うと私は思うのですが。。。

また、遊びに来てください。
私も伺わせて頂きます。(^^)

NoTitle 

はじめまして。

「クルマトイキル」のeizouです。
いつもご訪問ありがとうございます。

男女だとか夫婦だとか、考え始めるとキリが無いですねぇ。

とか言う私は、それほどブレていないです。
自分の事も、相談された他人の事も、始めから答えが出ている感じです。

相談される時ってお友達のパターンにあるとおり、こちら側で主観を捨て、
精一杯客観でアドヴァイスしても反映されないことが多いですね。

で、失敗して愚痴ってきたら「自分で選んだ結果じゃねえか、ブツクサいってんじゃねぇ!」って切れてみますね、1回は(笑)

それでも学習してくれない人達が、やっぱり結婚できなくてもう直ぐ40歳。
そんな友人が何人か居ます(皆女性)。

ウチの場合は結婚してから9年ですが、特に問題も無く。
でも確かに「夫婦」としての関係は、子供が出来る前の方が良かった気もしますね。

子供が出来てからは夫婦じゃなくて、もう完全に「親」ですね。
何だろう、仕事で部署が変わったとでも言うような感じでキッチリと。

親とは?とか子供に対してのアプローチとかは、結婚前から
私が言っていたことに対して同意してくれていた為か、
実際に子供が出来てからも、一度も意見がぶつかった事がありません。

叱るポイントも同じで、逆に子供は逃げ場が無くて可哀想(笑)

何だか終わらなくなりそうなので、この辺で。
これからも宜しくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。