ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常4(2010.08~09)


チョーク工場見学

2010.08.09  *Edit 

今日は支援級の夏休みの研修で、神奈川県川崎市にある、
チョーク工場、日本理化学工業へ見学に行ってきました。

従業員の75%が知的障害者です。
何度かテレビで取材放送された事もあります。

なかなか、良かったです。

工場内、写真撮影可、との事だったので撮って来ました。


100809_102813.jpg

この機械に、チョークの原料である炭酸カルシウムや油や
着色料などを入れて、よぉーくこねます。

こねるのは機械ですが、粉を入れて時間を管理するのは人です。

ここの会社は、個々の能力に応じた仕事と、それに合わせた
仕事の仕方を工夫しています。

知的障害があるから出来ない、ではなく、出来るようにする為には、
どういう工夫と、どんな教え方が必要かを考えて取り組んでいます。

凄いなぁ~と思いました。

100809_102952.jpg

こね終わった原料を、右側に立っている人が、ひとつかみずつ、機械に
投げ入れて行きます。
そしてそれが、直径1.7ミリの太さの棒状になって出て来ます。

100809_103122.jpg

出てきたものを、一本一本、紙を敷いたトレイに何本も並べて
流していきますが、左側あるトレイの上に、単語カードみたいなのが
乗っていますが、それにトレイの数が書かれていまして、どれだけの
仕事量か分かるようになっています。
見通しがつかないと不安になるので、分かりやすくしているのです。

100809_103137.jpg

流されてきたトレイのチョークの棒を、今度は機械でカットします。
フタを閉めると、カットされ、両端をフォークで刺し取り、なお且つ、
不良品も刺し取ります。

この時点では、粘土のように軟らかいのですが、この後、背後にある
乾燥機に入れます。

100809_103333.jpg

乾燥機から出てきた所です。色が違うのは、黄色の前にピンクを
作っていたから。
出口まで来るのに、かなり時間かかるようです。

100809_103602.jpg

出てきたチョークの梱包作業に入ります。
その為に、機械にセットしています。

100809_103720.jpg

パッケージに詰めます。

100809_103900.jpg

検品してから、箱に値段や情報シールを張り付けて、ダンボールに
詰めます。

皆さん、静かに集中して、流れるように仕事をしていました。
仕事ができる方は、自分の仕事に余裕があって、他の人を
手伝ったり、全体の流れを見て気配りをしたりと、凄いです。

製造のアルバイトをした事がありますが、こんなに整然と、そして
淡々と仕事が流れている現場って、見たことがありません。

誰でも簡単に仕事に取り組めるような工夫が随所に見られて、
感心しました。

健常の従業員の方も、障害者と言うよりも、1人の人間、
個人として、それぞれの特徴に合った接し方や指導をしていました。

今回は、支援級の先生方3名も一緒に見学したのですが、
最後の担当の人への質問の数の少なさと内容の乏しさには
唖然としました。
普段の取り組み方のなってないのが如実に表れた質問内容。
やっぱり、この人たちは駄目だと、改めて知った思い。

就労の方ですが、賃金は神奈川県の最低賃金である、時給800円
×労働時間で、各種保険、有給休暇、夏季・冬季長期休暇、
賞与ありで、月収は手取りで大体10万ちょっと、との事。

健常者なら、少ない賃金ですが、障害者では良い方です。
ただ、チョークの需要が減っている事もあって、業績が良いわけでは
無いので、最低賃金が上がらない限り、給料は上がらないそうです。

厳しい現実ですね。

以前、キューピーの特例子会社へ見学に行った事はあるのですが、
こちらは、初任給が上記くらいで、毎年昇給がある為、
お給料は上がってゆきます。
幾ら経験を積んでも上がらないのは、ちょっと悲しいけれど、
こういう、10万以上貰える企業に就職できる事自体が難しいので、
恩の字なのが現状。

何故難しいかと言うと、こう言う会社が少ないからです。
一度勤めたら、辞める事は稀なので、辞める人がいない限り、
従業員募集はありません。

特例子会社も、上限人数が決まっている為、それ以上、採用したくても
できないんですよね。法令上で決められてるんです。
特例子会社でない、チョーク工場は会社自体の限界と言ってもいいでしょう。



日本理化学工業


こちらの会社のチョークは、シェア全体の30%なんだとか。
もっと、シェアが広がればと思います。

その為に、企業として努力して新商品を開発しました。
それが、キットパス。

ホームページに紹介されてますが、粉が出ません。

描き心地はクレヨンみたいですが、クレヨンほど、ベタベタ感がなく、
おまけに、水拭きで簡単に落ちます。痕も付きません。

ガラスにもプラバンにも、机にも、床にも、OKです。
ツルツルした所なら、どこでも大丈夫。
そして、水拭きで消せるので、お子さんに安心して使わすことが
出来ます。
これは、優れものですよ。汚れませんから。
私もガラス窓に試し書きをさせて貰ったのですが、
柔らかくて書き心地が良く、濡れた雑巾で簡単に綺麗に落ちて
驚きました。車のボディに書いても大丈夫です。
ホワイトボードにも良いと思います。
マーカーだと臭いし、すぐ乾いて使えなくなるし、消えると言っても
痕が付きますが、これら、それら全部が無いですから。

全国の東急ハンズや文具店で扱っているそうなので、是非、
買って見て下さい。これは、自信を持って、お勧めできます。

毎年、この夏の研修は作業所ばかりだったので、私は一度も
参加しなかったのですが、今年は行って良かったです。(^^)

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: お疲れ様でした>二代目様 

二代目さん♪

ありがとうございます。
私も大変勉強になりました。

作業所などは、就労施設ではなくて訓練施設なので、
賃金は5000~10000円くらいなんですよ。
就労支援をしっかりしない限り、障害者の自立は難しいです。
働ける人、沢山いるのに。
働いて貰った方が、税金収入を得られるから得なのに。
微々たる手当を貰っても生活できないし、人数も多いから
支出がかさんで損なんです。

医療に関しても、治療より予防の方が効果高いし、そうすれば
医療費も低く抑えられるんですよね。
理屈はそれと同じです。何とか、有効な政策を施行して
欲しいものです。

あとは、ノーマライゼーションかな。
日常生活の中で普通にふれあい知り合う機会が無さ過ぎ。
知らないから怖いと思うわけで。
まぁ、問題は山積みで、結局は、底辺にいる私たちの
草の根活動しか無いっていうのが現状なんです。

キットパスはおススメです。
私、子供の土産に買って帰りましたよ。
二代目さんの所のお子さん達はまだ小さいし、遅くないです。
描き心地抜群ですから、喜びますよ。
何と言っても、窓ガラスに描けるのが嬉しいです。
クリスマスのデコレーションにも使えますし、
紙にも当然描けますから、はみ出して机や床を汚しても
叱らないで済みますから。
あと、仕事にも使えるのでは?マーキングとか。
プレゼントにもいいかも♪
是非、お試しください^^

お疲れ様でした 

工程が良く分かりました~
さすがですね(^^)
一緒に工場見学出来た様な気になれましたよ☆

企業の体制も素晴らしいですね。

ウチのすぐ近所にも知的障害者の方達が働く
園芸ハウスがあるのですが、そこも皆さん
活躍されてます。今時期は暑くて大変でしょうけどi-201
和やかな感じで、楽しく仕事してますよ~

国ももっとそういう環境を整えていて欲しいもんですね!
訳の分らぬ、政策なんかよりずっと大事な事だと思います。

キットパスってのがあるんですね~
これなら子供のイタズラでも全然OKですねv-218
ウチも随分やられたので、これを早く知ってれば・・・^^;
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。