ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・Bye by Blue<完>
BbB あとがき


Bye by Blue あとがき

2010.07.13  *Edit 

とうとう、終わってしまいました。。。。。

前回は学園ものだったので、今回は社会人ものにしてみました。
年齢的には大差ないですが、如何でしたでしょうか。

狭い店内で繰り広げられる人間模様と絡めながらの恋愛ストーリー。

スポーツ苦手のインドア睦子と、スポーツ大好きな結城涼。

当初の予定では、違うからこそ惹かれあうものの、
実際に付き合ってみると噛み合わない。
そして、最後は別れてしまう。
そういう設定だったのですが。

途中から路線変更となってしまいました。

後ろ向き、逃げ腰、臆病者の睦子を、結城涼はどこまでも
追いかけちゃうのです。

2人、別々の道を歩む筈だったのに、別れたくなーいと、
結城涼に迫られて、睦子も私もそれに負けてしまいました……(^_^;)

逞しくて男っぽいんだけど、ちょっと脳天気な部分があって、
優しく爽やかな、笑顔の結城涼。

こんな男性の腕に優しく包まれたら、癒される事間違いなしです。

睦子を取り巻く人たちのドラマもスパイスとして
少しだけ描かせて貰いました。

度重なる挫折と、男にフラれて意気消沈した睦子が
恋愛を通して再生していく姿をメインに描きたかった為、
他の登場人物は添え物的になってしまいましたが、
あえて、その程度に抑えさせて貰いました。

描いてて自分的に愛着が湧いてきてしまったのが、
浜田さん。
上村遥子も、最後は幸せにしてあげようと
最初から決めていましたが、浜田さんに関しては未定でした。

チャキチャキ、せかせか、ギスギスとしているものの、
本当はとても優しい人で、そんな浜田さんにも幸せに
なって貰いたいって強く思うようになり、こういった
話の展開になってしまいました。

良かった、良かった。
浜田さん、おめでとうー!!!


そして、睦子と涼クン、お幸せに……


             2010年  文月  narinari


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: はぁぁぁぁぁ>OH林檎様 

OH林檎さん♪

読了、お疲れ様でございました。そして、ありがとうございました。

やっぱり、終わると、脱力放心な感じですよね。
私も書き終えた後は、物凄く放心してまして、次回作の事など全く
考えられませんでした。
暫く尾を引くようで、新しい作品に入り込めないんですよね。
しかも、今回は結城涼の事が自分の想像以上に好きになっちゃって、
ちょっと離れがたくなってしまいました(^_^;)

次回作ですが。
迷う程あるのは凄い、と思われるかもしれませんが、
私は元からアイデアマン的な人間なので、ひらめきとか、
そういうのは幾つも浮かぶのですが、それを発展させるのが苦手でして。
学生の時から、思いついた作品はかなりあるのですが、完成した事は
一度もございません。
なので、見切り発車しても完成させる自信が無く。。。
今回は、よく終わらす事ができたな、と自分で自分に感心してたりします。

こんな話が書きたい、あんな話が書きたい、って言う延長なので。
それだけで1つの小説を完成させるのは非常に大変で、途中で
行き詰まって未完、となってしまうわけです(^_^;)

OH林檎さんの小説も、ちゃんと情景が浮かんできますよ?
いつも感心していると言うか、さりげない描写がお話全体を
引き締めているように感じます。

私もどちらかと言うと、セリフで進んでいっちゃうタイプなんです。
脚本家の方が向いてるんじゃ?と思う事度々。
だから気を付けてはいます。
ただ、自分の気持ちが乗ってる時なんかは、取りあえず難しい事は
考えずにセリフだけで進めて行って、ひと段落した所で読み返して
情景描写や心理描写を挿入したりしています。

創作って難しいですよね。
あまりくどくどと書き過ぎてもいけないし、だからと言って、
書かないのが過ぎても伝わらないし。
読者の想像力を刺激し喚起させる程度の書き込みのさじ加減や
描写って大変です。

自分的には、もっと雰囲気のある作品を書きたいです。

最後になりましたが、これからも宜しくお願いします<m(__)m>

はぁぁぁぁぁ 

終わっちゃいましたねぇ…。

ちょっと放心…。

って私がしてどうするっっ!

まずは、連載お疲れさまでした!
今回のカップル(←死語?)も幸せをガッチリ掴んで、
いやぁ良かった、良かった!

メッセージにありましたが、(ありがとうございました!)
次回作の事で少し悩まれているようで。
でも、どれにしようかと案がいくつもある事が既にすごい!
私なんて、今の小説の先も見えない状態で
他の作品の案などというものはゼロでございます(笑)

あと、narinariさんの文でいつも感心するのは
情景が目に浮かぶって事。
描写がすばらしいんですよ。
私の文はついつい会話に頼ってしまっていて、
情景描写が足りないなぁといつも反省してます。
(その割にはスピード感も無いし…)

まぁ、だからといって、文体を変えることもできないし、
第一、プロじゃないしぃぃぃ、
お互いそれが持ち味という事でいいんじゃないでしょうか?
(軽い?軽すぎる?)

偉そうなことを書きましたが、
とにかくnarinariさんの創る世界が大好きってことで(笑)
次回作、楽しみにしております!!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。