ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常3(2010.06~07)


四十九日、無事終了

2010.07.11  *Edit 

今日、姑の四十九日法要と納骨でした。

11時からだったので、その前に、投票を済ませて来ました。

お天気は曇り空で、時々晴れ間が見える蒸し暑い日でしたが、
それほど厳しいわけでもなく、また雨で無かったのも
幸いでした。

車で5分の場所にある、お寺でお経をあげてもらい、
お坊さんを連れて戻ってきて、徒歩五分の場所にある
墓地へ。

先祖代々住んでいるので、一族のお墓はすぐ近くなのです。
お骨と塔婆を持って墓地へ行くと、業者さんがお墓のフタを
開けて、待ってらっしゃいました。

中には、10年前に納めた、舅の骨壷が見えました。
その隣に並べて入れて、フタをし、みんなでお線香を
あげました。

親戚に隣組の方々も見えたので、結構な人数です。

納骨終了後、隣の長男一家のお宅で精進落としのお食事。

お葬式の時ほど、気を使わなくて済んだので良かったです。

だけど、子供がねぇ。

もう、本当にお喋りで、困っちゃいます。
お祝い事の時には、それほど神経使わないんですけど、
不幸事の時には参ります。

あまりに場違いな発言や、我先にとばかりに着席し、
「お客様が先。私たちは最後」
と言うと、「僕、早く食べたいのに……」とベソっかき。

周囲の状況は見ない。
教えても理解しない。

困りものです。

おまけに、出しゃばりで、余計な事ばかり
したり、喋ったり。
もう、こっちは穴があったら入りたい程、恥ずかしい思いを
させられて、やんなりました。

小学校も低学年くらいまでは、この程度は大目に見て
貰えるでしょうが、もう6年ですからね。
幸か不幸か、体が小さいから4年生くらいにしか見えないのが
救いと言えば救いですが、だからと言って、いつまでも
許される事ではないので。

また、隣の4人の子供たちは年々成長しているわけで。
2つ上の従兄もしっかりしてきたし、4つ下の従妹も
大人しくしているって言うのに。

自分の家が躾に厳しかった事もあり、私も子供への躾は
厳しくしてきたのですが、一向に身に付きません。
普通なら、人見知りしたり、恥ずかしがったりして
自らしゃしゃり出るような真似はしないものなのに、
恥ずかしい意識は成長してこないので、人見知りは全く無し。

舞台上で発表するような機会では、物怖じしないので
堂々と発表して、凄いぞ!と思うものの、謙虚さを美徳と
されているこの国において、ここまで出しゃばりなのも、
どうかと……。

とりあえず、四十九日が終わって、やっと完全にホッと
しましたが、また今後やってくるであろう、法事で、
ハラハラさせられるんでしょうね。

成長している事を祈るばかりです。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。