ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記01


営業職には向いてない。

2010.07.03  *Edit 

若い時、今で言う、フリーターをしておりました。

なかなか決まった職につけず・・・・。

クジ運も悪いですが、職業運もあまり良く無かったです。

色んな職業を体験し、まぁ、それなりに随分勉強にもなりましたが、
その時点に於いては、非常に苦しく思った時期でした。

やっぱり先の事を考えるとですね。
焦るわけです。
先の事なんて、わかりませんからね。

だから、今、就職難で苦しんでいる方々には、
エールを送りたいです。

今は苦しいけど、ずっと苦しいわけじゃないよ。
悪い事ばっかりじゃないよ。
今の苦労が必ず報われる時が来るよ。
と言いたいです。

ただ、長い人生の上で、一体、いつの時点で報われるのかは
人それぞれなので、皆目見当もつきませんが、
言いたいのは、人生に無駄など一つも無いと言う事です。


さて。
偉そうなことを言ってしまいましたが。

若い時、英語の教材の営業の職をちょこっとだけ
やった事があります。

求人広告を見て、藁をもすがる思いで応募しました。

私、自分が自信を持ってお勧めできる物であるのなら、
売り込むの上手いと思います。
やっぱり、熱意を持ってお勧めするので、相手にも伝わります。
でも、営業の仕事って、自分の思いとは別の所にある事が
多いですよね。

結局のところ、その会社の商品を私はあまり熱心に
お勧めできませんでした。
でも、物凄く成績の良い人がいるわけです。
良心が痛まないのかな、と思いました。

外回りの他に、内勤で電話のアポを取るよう
仰せつかったのですが。
渡されたのは、小学校の会員名簿。
今は個人情報保護法の為に、無い所が多いと思いますが、
当時は、在籍学生全員の名簿が配られていまして。

そういうのを名簿会社へ売る人がいるんですね。
一体、幾らで売れるのかは存じませんが、支店長から
渡された名簿を見て驚きました。
自分が在籍していた小学校だったからです。
しかも、自分のウチも載っている……。

ふ、古いや~~ん。

まぁ、それの低学年の子供たちは、中高生なので、
英語教材を売り込むのに適していると言うことで、
低学年の児童の家庭に電話するよう言われました。

嫌ですねぇ~。
自分に直接関係ない家庭が多いものの、ご近所も
あったりなんかするわけです。

で、電話のアポ取りも、やわな私には、精神的にイヤでした。

電話セールスを受けて、仕方なくでも聞かれる方は
少ないですよね。
自分も、話なんて聞かずに、すぐに切りますから。

相当数掛けるんですよ。
それらが、軒並み、すぐにガチャンな訳なので、いい加減、
疲れて来るし、消耗します。

でも、掛けられた方からすれば、迷惑この上ないわけで。

私、どうも駄目なんですよ。
人に迷惑をかけてると思うと、胸が痛んじゃって。

だから、つくづく自分は営業には向いてないんだな、って思いました。

ここの仕事は1カ月で耐えられなくて辞めました。
完全歩合制でしたので、交通費から何から持ち出しで、
結局、マイナスでした。勉強にはなりましたが。

出版社で働きたいと思っていたので、ちょうど広告が
出ていたので応募したのですが、編集を募集していながら、
面接の時に、最初は営業をやってもらう、と言われ、
ガッカリしました。

営業の仕事は、募集多いんですよね。
やっぱり、売る事に最大の力を注いでるわけで。
売れなきゃ、作る意味ないですから。

大学の友人が働いていた、オフィスに常駐するコーヒーの
営業も紹介されて、最初は見習いみたいな感じで
友人と一緒に回りましたが、やっぱり、自分には向いて無い、
と思いました。

職業って本当に向き不向きがありますね。
就職難の時に、えり好みなんてしてられない、とは言いつつも、
向かない仕事は矢張り成果も上がらないし、苦痛です。

でも、現実の所、仕事が無い。
働かなきゃ、収入が無きゃ、生きていけない。
選んでいられない。
過酷な労働条件の中で、心身ともに消耗し、疲れ果て、
病気に……。

現状を思うと、本当に厳しいですよね。

その後、私の場合は自分に向いた職業に就けるように
なりましたが、それでも、そこへ辿りつくまでに
数年、不安定な状況を強いられました。

親元にいたから、まだ良かったですけど、こんな状況でしたから、
1人暮らしなんて、できませんでした。
親との確執が色々あったので、自分的には早く独立したかった為、
余計にジレンマを感じていたものです。

なんせ、結婚願望が無いのに、ろくな職業に就いて無いわけですから。
親の口も当然うるさくなるわけで。

まぁ、人生色々です。
何があるか、わかりません。
結婚願望がまるで無く、キャリアアップの為に行った会社で
ダンナと出会って、電撃結婚、寿退社なんですからね。

笑っちゃいます。


blogram投票ボタン ←ヨロシクお願いします。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: 更新、御苦労さまでした。>真吾オジサン様 

真吾オジサン♪

営業って、有る程度は神経が太くないと難しいですね。
売るものにもよりますけれども。

矢張り、自信を持ってお勧めできる商品を作って貰いたいものです。
営業さんは、本当に大変だと思います。

「教材」と一言で言っても、色々あるし、色んな会社がありますよね。
私が行ってた所は、正直言って、胡散臭い所でした。
そもそも、完全歩合制の会社は、駄目だと思います。
近頃では、法令が厳しくなって、あまり無いとは思いますが。

私自身は、対人コミュニケーションに多少問題有りなので、
外回りの営業は向いて無いですね。
店での販売でしたら、まぁまぁ自信は有るんですが、
望んで無い相手に売りつけるのは、どうも……(^_^;)

甘ちゃんかもしれませんが。

更新、御苦労さまでした。 

営業のお仕事は、「己の欲せざる所を人に施す」ことも多いセクションだと思います。

良心の呵責に耐えられなくなることも多いと思います。

何とも感じない方も多いのですが・・・


真吾オジサンの経験で申し上げると、営業の数字のとれる人は、多かれ少なかれ、「躁」の気がある人が多いように思います。

ちなみに、この「教材」の販売のお仕事は、苦戦していらっしゃる会社が多いそうです。

クレジット問題の一つにもなっていたように記憶しております。


今日も、押しておきましたね。


真吾オジサンより

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。