ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常3(2010.06~07)


知能検査の結果

2010.06.29  *Edit 

今日、保護者会から帰宅してポストを見たら、
2週間前に受けた知能検査(WISKⅢ)の結果が来てました。

う~~ん、昨日来てたら、病院で先生と色々と
検討できたのに、残念……。

検査の結果は、前回よりも上がっていました。
と言っても、まだ平均以下なのですが、
全体的に、同じ比率で伸びてましたね。

だから、苦手なものも、得意なものも、変わらず、
と言うことです。
各分野のバラつき加減には、全く変化なしです。
これが発達障害なんですよね。
伸びても、成長しても、発達のバラつきは変わらないのが
特徴です。

言語性の方が低くて動作性の方が高い。
動作性の方は、平均まで行きました。
特定の1分野以外は、全て平均以上の高数値。

でも言語性の方は其々の分野でバラつきがあり、
一番高い分野でも、ギリギリ平均にかかる程度で、
あとは殆どが平均以下。

だから、言語性と動作性を平均した全体値も平均
以下となりました。
それでも、前回よりは大分高かったので、少しは
ホッとしたものの、病院で指摘されたのと同じ事を、
指摘されてました。

衝動性です。

質問と関係ない事を喋り出す。
自分の感情を優先しやすい。

家でもですけど、本当に、自分が喋りたい事ばかりを、
のべつまくなし喋るんですよね。。。

質問されている時は、質問された答えだけを言うように、
と、何度も何度も釘を刺すのですが、その注意が反映
されるのは最初のうちだけで、すぐに関係ないお喋りが
始まってしまいます。

集中力が途切れやすいので、他の事が浮かんできちゃって、
そうすると、それを言わずにはいられないんですよね。

はぁ。。。。
面接まで1カ月。
30分あって、わざと本人の素が出るように仕向けるとの事。

大丈夫なんだろうか。
非常に心配になってきました。

陽気な子なので、何をやるにも楽しんでやる傾向にあり、
それは良い事なのですが、鼻歌を歌いながらとか、体を
揺らしたりとか、まぁ、ご機嫌な様子で作業に取り組むものですから、
日本人の感覚からすれば、不真面目、と言う評価が下され
ちゃうんですよねぇ。

動作性が高く、特にその中でも処理速度は断トツなので、
早く終わるのは良いのですが、矢張り、取り組む態度がねぇ。

スーパーサイヤ人ならぬ、スーパーハイテンションなのです。
一時期、そのテンションを下げる薬を飲んでいた事もあるのですが、
ほんの少し低下しただけで、健康面でマイナスな影響が出て
しまった為、やめました。

昨日のクリニックで、先生に「受験の時だけ薬飲むか?」と
言われたのですが、その時だけ飲んでもねぇ。
効果あるのか、私は疑問……。

どうも、薬も、うちの息子には焼け石に水の気がします。
体が小さいと言う事もあって、適量を見定めるにも苦労しますし。

一応、受験に関しては本人も自覚が出てきたので、
それに期待するしかない感じですねぇ。

でもまぁ、仕方ないかぁ。。。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~

Re: 今日も、更新、御苦労さまでした。>真吾オジサン様 

真吾オジサン♪

いつも、ありがとうございます。

将棋は、今のところ、見込み無しですね。
早くから教えてるんですけど、苦手なようです。
ボードゲームでそこそこ出来るのはオセロとマージャンくらい。
うちには将棋も囲碁も道具はあるので、教えてみましたが、どうにも
理解できないようで。
それでも、NHKの将棋の時間は時々見てまして、手元の将棋盤で
進行中の棋譜を再現するのが好きでやってますが、内容は分かってません(^_^;)

それに、去年、学校のクラブで「囲碁・将棋クラブ」に入ってたんですよ。
論理的思考を最も苦手としているせいか、全然勝てなかったようで。
結局、あまり進歩の無いまま、1年が終了しました。

私の父が将棋好きで、そこそこ強いので、実家へ行った時に
手ほどきしてくれるよう頼むものの、教えるのが面倒くさいと
嫌がられました。飲みこみが悪いから、年よりからすると嫌なんでしょうね。

囲碁や将棋が好きで向いてるお子さん、多いんですよ、障害児には。
でもウチの子は例外みたいです。鉄道好き、乗り物好きで無い所も
例外って感じですし。。。

今日も、更新、御苦労さまでした。 

今日の記事を読みますと、将棋を教えてあげるといいかな?とか思いました。  ^^

「衝動性」とありましたが、「衝動的」に将棋を指すと、まず勝てないので、勝手にこの「衝動性」を直すようになるものです。

「言語性が低くて、動作性が高い」とありましたが、これなどを見てもそう思います。

将棋の世界では、文字が読めなくても、驚くほど強い子供さんがいるのですよ。

かの「坂田三吉」は、文字が書けなかったそうで・・・

もう今年は終わってしまいましたが、小学生の名人戦の対局を、5月にNHKで、毎年放送しております。

この対局を見ても、指し手の早いこと、早いこと。


今日も、押しておきましたね。


真吾オジサンより
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。