ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記01


妊婦の時の謎

2010.06.07  *Edit 

映画を観るのが好きですが、映画館まで足を運ぶ事はあまりありません。

独身時代は、彼氏との最初のデートくらいしか観には行きませんでしたが、
旦那も映画好きと言う事もあって、知り合ってから一緒によく観に行く
ようになりました。

ですが。
好みが違うんですよねぇ、私達・・・。
まぁ、私はどちらかと言えばオールラウンドなのですが、
旦那が好きなのは、アクションとかSFとか特撮とかコメディ。

大体、初めてのデートで観た映画は、ジャッキー・チェーンでした。
互いにジャッキーファンだったって事を知り、たまたま、その時に
ジャッキーの映画が公開されていたので、じゃぁ一緒にと誘われて。

だからまぁ、ジャッキーはいいとして。
特撮好きでもあるので、グロい映画も多いのです。
ゲームでおなじみの「バイオハザード」。
さすがにあれは、私は一緒に観には行きませんでした。

ですが、ちょうど子供を妊娠した年、グロい映像ばかり観てしまいました。

まず、「スピーシーズ2」を観に行って、それから「エイリアン4」、
そして「GODZILLA」……。

妊婦さんが観る映画じゃないですよねぇ。
しかも、たて続けに。。。
基本的に、こういう変体ものは苦手です。
流血ものも苦手です。
残酷なの、駄目です。
でも旦那は、作りものとして観るから全然平気、造詣に魅かれると言います。

後から考えると、こんなに映画館で映画を観た年は、この年しかない気がします。

この後ですね。
秋頃に、歴史好きな私は「始皇帝暗殺」を妹と観に行ったのです。
これがまた、結構、残酷でして。話しは面白かったですけど、
中国の歴史は残酷、多いです。
そういうシーンでは、目を隠してました。

なんなんでしょうね。自分でも今さらながらに分かりませんが。
まぁ、出産後数年間、映画を観るどころじゃなかったので、
それを本能的に感じて、今のうちに出来るだけ見ておこうとか、
そういう事だったのでしょうか。
でも、それにしては、偏り過ぎてますよねぇ。

まぁ、映画はこれで終わりです。

ですが、映画よりも更にインパクトの強いものを見てしまいました。

臨月間も無い頃、たまたま行った本屋の漫画コーナーに、「デビルマン」が
置いてありました。しかも、ビニールがかかって無い!!

子供の頃、テレビで見たアニメの「デビルマン」が大好きでした。
毎回、ドキドキしながら見ていたものでした。

その原作が目の前にあるのです。
興味はあっても、読む機会も無く……。

これって、実際のお話しではラストはどうなっているのだろう?

ついつい、最終巻を手に取って、読み始めてしまいました。

残酷なものが超苦手な人だと言うのに。

な、なんなんだ、この残酷さはっ!!!

残酷な殺戮のオンパレード!

「幽々白書」の後半の残酷さよりも、私にとってはインパクトが強かった。

まさか、こんな結末が待っていようとはっ!!!

すっかり、その残酷シーンが目に焼き付いてしまい、就寝時、
目を瞑ると浮かんできては恐怖に怯え……。

読んだのを、ものすごーく後悔しました。
暫く、うなされましたから。

ご存じの方からしたら、あのくらいで?と思われるかも知れませんが、
私は駄目なんですよぉ。

実家へ行く度に、親と喧嘩して帰ってたし。

つくづく、胎教に悪かったと思います。

だから、あんな多動の自閉になっちゃったのかなぁ・・・。
なんて、思う時もあったりします。

だって、極めつけは、臨月の時の京劇鑑賞。。。

これは残酷では無いですが、激しい踊りと大きなドラの音に、随分と
お腹の中で反応してましたから。
ビックリして産気づくんじゃないかと、心配になったくらい。

それに、ハードロックが好きな私は、妊娠中もロックばかり聴いてましたし。

なんなんでしょうね。
あんなに激しい物を観たり聴いたりして過ごした1年は、
やっぱり、あの時くらいのような気が・・・・。

もっと、安静にしていたら良かったのかなぁ。
初めての妊娠で、自身もハイになっていたのでしょうか?
でも、出産自体には恐怖感があったんですけど。
もしかして、それを誤魔化す為に・・・・・?

謎です。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(10)

~ Comment ~

Re: 胎教に悪かったとはお考えにならなくていいと思います>misia2009様 

なるほど…。

やっぱりハイになってた所以ですね。
興奮しやすかったとは思います。

デビルマンは悲し過ぎますね。
私、基本的に救われないお話って苦手でもあるので。
ここまでするのかっ!て思いましたもん。

「始皇帝暗殺」、良かったですよね。
主役の荊軻、カッコ良かった。
荊軻役の張豊毅(チャン・フォンイー)は、「レッド・クリフ」で
曹操役だったんですが、彼の良さが全く出てませんでした。
彼は「さらば、わが愛/覇王別姫」で故レスリー・チャンの
相手役としても魅力的で大好きな俳優さんなので、「レッド・クリフ」
の曹操役は残念でした(;_;)

昔の男は長髪で良かったですよぉ。
今のロンゲとは全く違う魅力です(^^)

胎教に悪かったとはお考えにならなくていいと思います 

私も第一子が腹にいるとき、ゾンビとか血が飛ぶのとか、たまたま点けたスカパーでやってると、
普段くだらねーと思って見ないものを吸い込まれるように見てました。
妊娠はツワリの涙と反吐まみれ、出産は痛みと血まみれの動物的な行為で、
むしろ死と紙一重ですから、
本能的なところを刺激されるのかもしれません。

死の恐怖を笑えるほどのハイ。
未開の兵士が血を飲んで強くなる儀式みたいな?(イメージです)

デビルマン原作は……ある意味、傑作なわけですが……トラウマにはなりますね……
『幽遊』は結局強くて正義な者が勝つ、って世界なんでしょうが、
デビルマンは救いがないまま読後感が腹に突き刺さって抜けなくなるんですよね……

『リング』は推理小説仕立てが先読みの想像力を刺激してめっちゃこわかったですが、
その続編が変なネタばらしみたいになっていて、白けて怖くなくなりました。
バイオハザードはゲームでやって、
病院などの人気のない廊下を歩くのが怖くなったのがいい思い出ですw

始皇帝暗殺は私大好きです~~
男の髪が長いところが色っぽくて好き~~萌えでオトシテごめんなさい。

Re: 映画は・・・>マサフジ様 

マサフジさん♪

映画って、興味はあっても劇場まではなかなか足を
運びませんよね。
私も、凄く観たい!って思うものじゃないと行かないので、
滅多に観ないんですけど、ダンナは結構、気軽に観に行くので、
興味がある時にはついていくんです。

デビルマンは、まだご覧になってないんですね?
男性なら、どうってことはないかもしれません。
私には酷くショックでした。
可哀想でしたね。
まぁ、デビルマンはミキちゃんに恋した時から悲劇ですけど。

Re: NoTitle>lime様 

limeさn♪

こういう恐怖もの?好きな人、多いですよね。だからヒットするんでしょうけど。
私の後輩の女の子でも、凄く好きな子がいまして。
矢張り私にも理解できません。

妊娠中は、また何故か目白押し的に公開されて、私はダンナに
お供しただけなんですけど、よくついて行ったなぁ・・・と。
エヴァンゲリオンもグロくて気持ち悪いですよね。ダンナは好きだから
全部劇場まで観に行ってますけど、私はテレビだけで、もうゴメンでした。
ああいう、生体兵器は気持ち悪くて嫌です。

limeさんもジャッキーのファンだったんですか!それは嬉しいです。
凄いですね、香港まで行かれるなんて。
私は生写真を持ってまーす(^_^;)

映画は・・・ 

映画を観に行ったのは・・・???
十数年前が最後です^^;
相方も映画はあまり観ない人なので、
今まで二人で観に行ったことは一度もありません(笑)
たまにDVDで観るだけです^^;

デビルマンのラスト!これ凄い気になります!
ちょっと調べてみましょ^^

NoTitle 

私もホラーやスプラッターもの、本当に駄目です。
B級ホラー映画や、血しぶきものみて楽しむ人が理解できません。
(うちの旦那も!)
もう、虫より嫌いです。

でも、narinariさんが妊娠中にそんなに見てしまうってのは、不思議ですね。
妊娠中は食べ物の好みが変わるっていうから、そんな感じかな?
私も妊娠中にエバンゲリオンを見に行き、吐き気と闘ったおバカです。

余談ですが、ジャッキー・チェン、私も高校時代、大好きでした。香港に会いに行くほど・笑

Re: う~ん。。>さらら様 

さららさん♪

私は文字でも駄目です。すぐに想像しちゃうので。
リング3部作なんて、頭の中で映像化しちゃって、
呪いのビデオを見た気になってしまい、夜怖くて寝れませんでした。
臆病者なんですよ~(^_^;)
だから、ホラーはあまり読めません。

映像は更にインパクトが強いから、もう駄目ですね。
私は「八墓村」の表紙が怖くて、未だにカバーかけたままですよ。

Re: 今日も、更新、御苦労さまでした。>真吾オジサン様 

真吾オジサン♪

なんでも極端なのは良くないですよね。

でも、ホルモンのバランスが崩れるので、ストレスは
なるべくためない方が良いですから、好きな事をするのは
良い事だと思うのですが、この年の、このグロさは、一体何だったのか、
未だに不思議です。

ウチのダンナはちょっと変わってます。
女性向きが苦手と言う訳では無いようです。
「ショコラ」とか「プラダを着た悪魔」とか、観に行ってましたし。
まぁ、メロドラマは苦手なようですけど、私もメロドラマはあまり好きじゃないし。
サクセスストーリー的なものが好きなのかも。

良く分からないんですけど、私の好みとは微妙にズレてます。
そもそも、活字見ない人ですしぃ~。

いろんなジャンルでも、自分の肌に合うものはあると思います。
だから、ジャンルにこだわらずに、まずは食べてみる事をお勧めしますよ。
私もダンナの影響で、大分趣味の幅が広がりました。
ダンナは頑固だから、広がって無いですけど。

う~ん。。 

きゃ~!!
ビジュアルはだめだわ!!
小説ならホラーでもなんでも読むけど、それを絵にされると吐く!!
昔、『犬神家に一族』の表紙がグロくて、本屋さんに裏返してもらったんだよ。
字を読むだけなら、なにも怖くないのにね。

今日も、更新、御苦労さまでした。 

あまり聞いたことがないお話でした。  ^^;

過度なまでの神経質な胎教などは、荒唐無稽なことと思っている真吾オジサンですが・・・


旦那様は、女性向きの映画は苦手な方なのかもしれませんね。

最近でこそ、真吾オジサンは、女性向きの雑誌・映画・ドラマを見ても、面白く感じるようになりましたが、昔は、てんでダメだったのです。

女性向きの映画・ドラマは、最初の30分くらい見ると寝てしまっていたのです。  ^^;

くだらないと思っていたのです。


今日も、押しておきましたね。


真吾オジサンより
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。