ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・クロスステッチ第1部 <完>
第1章 花が咲く~第8章 刻印


クロスステッチ 第1部第1章花が咲く 第1回

2010.02.14  *Edit 

紹介文

  女子高生と、モテるのに堅物で変わり者のイケメン教師の愛の物語。
  舞台は神奈川県内のとある県立高校。
  第1部は高校卒業までです。


第1章 花が咲く  第1回


 朝霧高校へ入学して早1年が経った。
 吉住理子は2年生に進級した。
 バリバリの進学校ではないが、90%は進学を志望している高校に
しては、朝霧高校はのんびりした校風だった。そんなのんびりした
校風にありながら、理子はそれなりに勉強をしていたので成績は
上位をキープしていた。一応国立志望だが理数系が苦手なのが頭の
痛いところだ。年々難しくなっていくと感じている。このままで国立を
受ける事ができるのか?
 そんな一抹の不安を抱えての新年度である。
 
 始業式のこの日、教室に到着してから理子はずっと本を読んでいた。
読書家だ。
 新しいクラスは6組で、1年の時に同じクラスだった女子が少なかった。
1年の時は殆どの女子と仲が良く、みんなで揃って茶道部へ入部した。
そのメンバーが殆どいない。いるのは親友の最上ゆきと前田美輝(みてる)の他、
わずかに2,3人だった。
 理子には少し人見知りをする所があって、初対面の人間は苦手だ。
気の合う人間とはすぐに打ち解けられるが、そういう事は少なかった。
馴れてくればどうと言うこともないのに。だから、新しいクラスの中で、
最も親しい二人と同じクラスであった事は大変有難かった。
この二人がいれば心配はない。
 「おはよう!理子ちゃん」
 最上ゆきがやってきた。細くて柔らかいセミロングの栗色の髪。
卵型の顔に、クリっとした少し大きめの瞳。頼りなげな印象で、
大人しいタイプだった。とても優しくて気配りに長けている。
ただ、心配事があると食欲が無くなるせいか、とても細い。
背は低くないのだがとても華奢だ。ちょっと強く抱きしめたら
折れてしまいそうな感じがする。そういう頼りなげで儚げな感じが、
男子の一部に人気があった。
 続いて前田美輝もやってきた。中学時代にハンドボールをやって
いたせいか、身長は155センチと小柄な方だが、体つきは少々逞しい。
太っているわけではなく、筋肉質なタイプだった。小麦色の健康的な肌で、
小さめの目、小さくて薄い唇、顎が少々しゃくれているが、愛嬌のある
顔立ちで、長い髪をいつも三つ編みにしているのがトレードマークに
なっていた。大人しいタイプだが、頑固な一面がある。
 「また同じクラスになれて良かったねー!」
 3人は喜びあった。
 理子とゆきは、入学したその日に、すぐに仲良くなった。
たまたま隣の席に座っていたのがきっかけだが、少し話しただけで
気が合う事にお互いに気づいた。
 美輝はちょっととっつきにくいタイプで、ゆきのすぐ前の席に座って
いた。休み時間も一人で本を読んでいるので話しかけてみたら、
これが案外気が合って、以来すっかり仲良しだ。
 2人が登校してきたので、理子は読みかけの本を閉じた。
 次々と登校してくる新しいクラスメート達。その中で、僅かながらも
去年同じクラスだったメンバーは3人の周囲に集まってきた。
「なんか、今度のクラス、知らない子が多いねー」
 と、その中の一人が言った。
「でも、私達一緒で良かったじゃん?」
 2年ともなると、最初から自然に派閥ができるものなのか。
みんな知った者同士でくっつく傾向にあるようだ。集団の中で自分の位置を
確保しておかないと不安なのかもしれない。すぐに友達を作れない理子に
とっても、クラス変えは自分にとっては一大事だ。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(6) Tag List  [ * ] 

~ Comment ~

Re: NoTitle>LandMさま。 

ご訪問&コメント、ありがとうございます。

limeさんの所で、よくお見かけしており、
何度か拝見させてもらっております。
凄いな~と感心してます。

学校生活……。
もう自分には遥か昔の出来ごとですが、懐かしいと
思っていただけて嬉しいです。

これからヨロシクお願い致します。
私の方でも、遊びに行かせて頂きますね(*^^*)

NoTitle 

こういう学校のキャッキャ感は懐かしいと感じさせますね。
学生生活というものを思い出させてくれる文章になっていて、少し感動しました。(*^-^*)

どうも初めましてです。場末で小説を書いているLandMです。
また機会があれば寄らせていただきますね。

Re: もしかして…>fate様 

fateさん♪

どーも。^^

小説サイトってFC2小説の事ですよね。
あちらは倉庫代わりに使用しております。
こちらがメインで、こちらで終わるとあちらへ
まとめて載せています。
まぁ、色々便宜上なのですが(^_^;)

またお越しくださいね^^v

もしかして… 

小説サイトにいらっしゃる方ですよね???
この題名をお見かけした覚えが。

こちらでも活動されていらっしゃったのですね!
また、ゆっくりお邪魔させていただきます(^^)

Re:NoTitle 

こちらこそ、わざわざありがとうございます。

この話、長いんで読むの面倒くさいとは思いますが、
気が向いた時にでも宜しくお願いします。

また、寄らせて貰いますね。

NoTitle 

 はじめまして、本日は私のブログにお越しいただき、コメントまで頂戴してありがとうございます♪
 こちらがこのブログの看板小説かな? と思い、最初の部分だけですが読ませて頂きました。
 情景的にも春らしさがよく伝わってきていて、いいなあと思います。
 この先もまた読んでみますね。それではお邪魔しました♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。