ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・クロスステッチ第1部 <完>
第22章 卒業~第24章(最終章) 旅立ち


クロスステッチ 第1部  あとがき

2010.05.16  *Edit 

高校の教師と女生徒の恋愛小説は、過去に既に一作書いていました。
そちらは未完なのですが、実は主人公の女生徒は、
本作に登場する枝本誠一の妹なのです。

その時点では、理子は枝本の彼女になっていて、二人の
ラブストーリーを描いた小説を別に書いていたりしたのですが、
結果的に、その方向性を全くのチャラにして、理子を主人公にして、
教師との恋愛ものを書くことになってしまいました。

ストーリーの展開は、時系列に則って描き、卒業までと決めていました。
キャラ作りも、書き出す前にほぼ固まっていました。
章ごとの内容も概ね決まっていて、当初の予定では15章くらいで
終了する筈でした。

そもそも、第1部を書き出す前に、第2部の一部を書いていたのです。
どうしても書きたい個所があり、今書いておかないと書けなくなると思い、
その部分だけを先に書いてしまったのです。

自分の中では、そこまでのストーリーはほぼ出来あがっていたので、
そこを描く事は自分の中では自然の流れで、鉄は熱いうちに打て、
ではないですが、熱い想いのたけをすぐに書き留めておきたかったのです。

ですので、2部の最初の方を意識しながらの、1部のスタートとなりました。
だから、最初は1部をそんなに長くする予定は全く無かったのですが、
書き出したら思いのほか長くなってしまいました。

人物の背景を詳しく書き過ぎて、読み物としては退屈で要らぬ部分も
多くなってしまったと思っています。
またそれとは別に、自分の中で主役の二人、特に増山先生が勝手に
動き出すようになってしまい、気付くと勝手な事をしている、と言った
状況が多々出て来るようになってきまして・・・。

放っておくと、エスカレートし兼ねない部分もあったので、
かなり自重しましたし、濡れ場も最初はもっと濃厚な個所も
あったのですが、削除したり表現を変えたりして、
それでもギリギリな感じで描きました。

と言うのも、書き手側としては非常に恥ずかしいのですけれど、
それでもこのお話しのテーマは男女の愛なので、肉体的な
結びつきは外せません。
さらっと描くだけでは、増山雅春と言う人物を描ききれないと
思いましたし。

舞台が高校で、登場人物は女子高生とは言え、
爽やか胸キュンラブストーリー的な物語で終わらす
つもりは最初からありませんでした。
高校生同士の恋愛ものだったら、それで良かったんですけど、
相手は一応、大人ですから。
聖人君子的な、よく出来た大人の男は私の好みでは無いですし。

不器用な二人が愛を深めてゆく過程で、どうしても必要、
いや逆に描きたいとの思いもあって、性描写、入れました。

また最後の最後、最終回がエッチで終わるってのも、
なんか恥ずかしいものがありますが、半年我慢してやっと
夫婦になれて、思いのたけが溢れ出たと、
ご解釈願えれば幸いです(^_^;)

知れば知る程、想いは深まり離れがたくなる二人。
直情経口な情熱家の先生と、複雑で捉えどころのない理子。
すれ違う感情に食い違う思い。

そんな二人の物語は、結婚と言う形をとっても、
まだまだ昇華されません。
ここからやっと、二人の愛が本格的にスタートするのです。

そんな訳で、第2部もよろしくお願い致します。


2010年   皐月     narinari


追記:第2部のスタートは、他の幾つかの作品の後になると思います。
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(3)

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 終わってしまいましたねぇ>OH林檎様 

OH林檎さん♪

ありがとうございました。
先生はホントにエロですね(^^)
先生自身も、そんな自分に驚いているようです。

第2部は、ちょっとだけネタばれですが、1部の終わりの
直後から始まります。
そう考えると、終わっていない物語をいきなり途中で切った、
とも言えるのですが、二人の関係がこれまでと一変する為、
敢えて、切りました。

熱い二人の関係には、作者自身も少し息苦しさを感じるので、
一旦仕切り直しと言うことで、違う恋愛小説を間に挟み、
その後に復活させたいと思います。

今後ともよろしくお願いしますね。

終わってしまいましたねぇ 

第1部終了、お疲れさまでした。
幸せなラストで良かったぁv-345
最後までエロセクシーな増山先生でしたね(笑)
第2部では理子がどんどん開発(?)されていくんでしょうか…。
(若干の不安)
新しい小説もこの小説の第2部も楽しみにしてます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。