ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記01


恐怖!プールでのひとコマ

2010.05.12  *Edit 

水遊び、大好きです。

浮き輪を付けて、プールの中で戯れているの、メチャ好きです。
でも、泳げません。泳げないから浮き輪なんですが、浮き輪なんて
付けなくても、脂肪が多いから浮くんですよ?
だけど、水が怖いから駄目なのです。顔をつけれません。

怖くて水に顔をつけれない。

小学校で初めての水泳の授業の時から、その第一歩が踏み出せなくて、
そのまま過ぎ去ってしまいました。

お転婆だった私。
友達と秘密基地を作ったりなんかもしましたし、土手をダンボールで
滑り降りたり、階段の高い所から飛び降りたり、森林を探検したりと、
アドベンチャー的な事が大好きでした。

ですから。
プールのスライダーに非常に憧れていました。
滑ってみたい!
でも、怖い!水がっ!!

そうして、ン十年。
結婚してから、とうとう、その機会がやってきました。

って、機会なら、幾らでもあったんですけどね。(^_^;)

どなたかから、某有名なプールの入場券を頂きまして。
そこへ、ダンナと二人で行きました。

大きなスライダーが2つ、併設してあるんですが、
そこを滑っている人を見て、ある事に気付いたんです。

それは、上体を直角に起こして滑っている人の速度は遅く、
着水の時に足から下りるようにして入っていると言う事でした。

赤ちゃんを肩車にして滑っている男の人が、静かに足から水に
入っているのを見て、コレだっ!!と思いました。

ああすれば、体ごとバッチャーンと水に飛び込む事無く滑れる。
水の中へ放り出される事はない。
私にも出来る!!

これで、念願のスライダーを滑れると、ワクワク致しました。
そうして、列に並び、自分の順番がやってきました。

2つ並んだスライダー。
どちらを滑るか悩んで、やっぱりスリルを長く味わいたいと思って、
長い方を選び、GO!

寝そべらずに、上体を起こして滑りだしたのに、想像以上にスピードが
加速して行くことに、恐怖感が湧き、募ってきました。

えっ?どうしてこんなにスピードが出るの?

えっ?えっ?・・・どうしよう?
どうして?どうして?

と、思っているうちに、バッチャーンと、お尻から着水。

スライダーの下は20センチ程の深さでした。
だけど、お尻を打って痛い上に、尻から入ったからなのか、
こんな浅瀬なのに足がつけず、アップアップで溺れかけました。

私が溺れかけていると言うのに、近くで見ていたダンナは
そうとは気付かなかったようで。
何とか自力で水から出ましたけど、水、飲んじゃってました。
ゲェ~~~。
お尻も痛いし・・・。

「なんで、助けてくれないのよぉ~」
との私のセリフに、理解できない顔をしたダンナ。
「えっ?溺れてたの?あんな浅瀬で?」

水位20センチでも、溺れるんですよ。水位を侮ってはいけません!

はぁ~~~っ。
だけど、なんで?どうして?

納得いきません。

再びスライダーに目をやると、やっぱり上体を起こして滑ってる人は、
超遅いです。

おかしいなぁ。
私の上体を起こす角度が足りなかったんだろうか?
そう思いながら見ていると、距離が短い方を滑っている人の方が
遅いと言う事に気付きました。

そっかぁ。
長い方を選んでしまったのがいけなかったんだ。

そう思って、今度は短い方に挑戦。

馬鹿ですねぇ。本当に馬鹿ですね。
水怖い人が、なんで再び挑戦するかな。
溺れかけたと言うのに。

でもその時の私は、何故か勇んでましたね。
長年の想いが鬱積してたんでしょうか。

短い方のスライダーへGO!
でも、滑りだしてすぐに後悔しました。

上体、これでもかっ!ってくらいに起こしているにも関わらず、
スピードが出るんですよ。しかもどんどん加速していく・・・。
慌ててスピードを落とすべく、足をスライダーの側面に当てるものの、
構わずどんどんスピードが増し、あれよあれよと言う間に、
再びドボーン!!!

哀れ、水の中へと凄い勢いで落ち、再び尻を打ち、
先と同じように溺れかけ、四苦八苦しながら、何とか這いあがりました。

「なんで助けてくれないの?」
「溺れてるとは、気付かなかった」

はぁ~。そうなのか。
周囲には、滑って来る人達を見ている見物人が多かったんです。
超恥ずかしかったんですけど、ダンナが溺れてると
思わなかったと言う事は、他の人達も同じだろう、と思って
少しは気を取り直しました。

振り返り、滑り降りて来る人を見ると、やっぱり上体起こして
ゆったり滑り下りてます。
赤ちゃんを肩車してる男の人がまた滑ってました。

あの人と私と、何でこうも違うのよっ!!

ダンナに言うと、
「脂肪の量じゃない?」
と一言。

酷いじゃない!!!

でも、それが最大の理由なんでしょうかね、やっぱり(-_-;)

もう二度と、スライダーは滑りません!
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(8)

~ Comment ~

Re: 意外でした>二代目様 

二代目さん♪

そうなんです。苦手なんですe-330

だから、ボート、超怖いので、この間の二代目さんの
バス釣り。あれ、駄目です、私・・・。

スライダーは、子供たちが楽しそうに滑ってますよね。
あれを見て、子供の時から憧れてたんです。公園の滑り台、好きだったので。

スピードは、上体を起こして滑れば出ないと思いますよ。
赤ちゃんを肩車してノンビリ滑ってましたもん。
私は面積が広かったからだと思います。
台に接してる面が多かったんでしょうね。e-448
距離の長くない所で試してみては如何ですか?
お子さんもいらっしゃることですし、一緒に。楽しいと思いますよ。

Re: 今日も、更新、御苦労さまでした。>真吾オジサン様 

真吾オジサン♪

20センチ、侮ってはなりません!

高齢者になった時、心配になるかもしれませんよ?

お風呂はいつも、注意してます。
足滑らせて、アップアップした事があるんです(^_^;)

意外でした 

水泳とか得意そうなイメージがあったんですけど、
水、苦手だったんですね^^;

それでスライダーに挑戦するところがnarinariさんらしいです(笑)
私もそんなに水泳は得意な方じゃないんですが
今、スライダーに挑戦したらどんな感じなんでしょうか?

子供の頃は楽しくてまったく恐怖心など無かったですが
今なら・・・出来ないかもしれません。。。
アレ、もの凄くスピードでますもんねi-229



今日も、更新、御苦労さまでした。 

真吾オジサンも、相当の運動オンチですが、流石に、20センチなら溺れないと思います。   ^^;

narinariさんが、お風呂場で溺れないよう、祈っております。  ^^;

今日も、押しておきますね。


真吾オジサンより

Re: 楽しい♪>lime様 

limeさん♪

怖いのに何度も挑戦する私。完全におバカでしたね。
その年齢まで、怖くて絶対に無理と思ってたのに。

スピードなんですが、本当に、上体起こしている人は
超スローで、着水時には殆どストップ状態なんですよ。それで、自ら足をついて
降りる・・・って感じで。
だから私もそのつもりだったのに、とんでもありませんでした。

ジェットコースターは苦手です。
私もスピード、駄目なんです。飛ばし屋のくせに。
ジェットコースターも、貧乏だったから遊園地とかへあまり行った事が無く、
だから、凄く憧れていて、大人になってから挑戦したんですけど、滅茶苦茶怖くて、
今は滅多に乗りません。ダンナはジェットコースター好きなので、彼一人で乗ってます。

ディズニーランドの、ビッグサンダーマウンテンくらいですね。
かろうじて乗れるのは。

Re: 私も苦手・・・>マサフジ様 

マサフジさん♪

マサフジさんも、水が苦手なんですか。ああ、仲間がいて良かった。
だけど、学校プールに行く事を宿題にされるなんて、酷いですね。
すごく、辛かったでしょうね。お察しいたします。
私はプールの授業は、なんだかんだと理由を付けて、殆ど見学
してました。でも、毎回見学も辛いですけどね、周囲の目が。

私、冒頭にも書いたように、水遊び自体は好きなんです。
水の中でプカプカしてるのが。
でも、この年齢で浮き輪付けてプカプカも、恥ずかしくて(^_^;)

スライダーは、本当に怖かったです。
水が苦手な方は、絶対にやらない方がいいですね。
恐怖度が倍増すると思います。

楽しい♪ 

なんだかマンガを読んでるようでした。
かわいいですねえ、怖いのに何度もチャレンジして、そして何度も溺れる!
narinariさんはジェットコースターとかは平気なんですか?
スライダーにチャレンジするところをみると。
私はスピードも水もダメなので、近づくこともできません。
と、いうか、プールに行けません・笑
そこへいくと、何度もチャレンジするnarinariさんはすごい!

スピードですが、もしかして、はたから見るスピードと、自分で体感するスピードは違うのかも・・・・ですよ?

私も苦手・・・ 

水・・・私も苦手です^^; なので水泳は大嫌い(>_<)
夏休みの宿題で、「学校のプールに最低10回行くこと」
ってのがありまして、行ってハンコを貰わないとならない
ので、嫌でも行くしかなかったんです(T_T)ほんとにプール
は嫌いでした・・・。 今も嫌いですけど^^;

スライダー、私は一回もやったことありませんが、
あれは恐ろしいですね。一生やることはありませんけど--;
でも、「脂肪の量じゃない?」は酷いですね(^^;
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。