ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記01


中2の時のお話・後編

2010.04.25  *Edit 

それにしても、あの余計な二人は誰?

二人とも、クラスメイト達でした。

一人は彼らと親しい、ヌボっとした男子で、もう一人は、
それ程親しい間柄ではない、老け顔でサルのような顔をした
小柄な男子で、豊臣秀吉もこんなルックスだったんじゃないのか、
と思わせるような、歯のかけた子です。

ヌーボーと秀吉と名付けたいと思います。

そのヌーボーと秀吉が、何故ここにいる?

折角のデートなのに、台無しじゃん!
と、ウサギちゃんはお怒りのご様子。

特に秀吉。

秀吉ファンの方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
でも、秀吉の肖像画があるじゃないですか、あの有名なやつ。
あの顔によう似とるんですわ。
目はもうちょっと細くて小さいんですが。

笑うと欠けた歯が見えて、何とも下品と申しますか。
何故歯が欠けてるかと言うと、学校の階段の上から踊り場まで
飛び降りて、勢い余って壁に激突。
それで欠けてしまったのです。
まさに、サルみたいでしょう?
風貌と言い、やっぱり秀吉です。

ヌーボーは毒にも薬にもならないようなタイプなので、
居てもあまり気にならないですが、強烈な個性の持ち主である
秀吉は、お邪魔虫なわけです。

「どうする~?」
と言いながら、スーパーの外へ出ると。

いない!!

確かにいた筈なのに。

ガックリです。

ウサギちゃんがグズグズしている間に、いなくなってしまいました。

ええー?なんでー?どうしてどうしてぇ???

時間は5分程過ぎてはいましたが、この位なら待っててくれても・・・。

3人して茫然自失です。

「なんか、酷くない?」

ウサギちゃんの言葉に同感です。

「どうする~?」

シャボンちゃんの言葉に、

「行くしかないでしょ」

と、ワタクシ・・・。

もしかしたら、先に行ってしまったかもしれません。
そうだとしたら、向こうで顔を合わすかも。

そう思って気を取り直し、電車に乗って目的地へ。

街を歩きながらも、生地屋さんで生地を選びながらも、
ドキドキソワソワと周囲に気を飛ばし、粘りに粘ったけれど、
結局、逢えずじまい・・・。

「もう!ウサギちゃんが、すぐに行かなかったからだよー」
と、ついつい責めてしまいました。


翌日、学校で、早速彼らを問い詰めました。

「だってお前ら、いなくなっちゃったじゃん」

そうなのです。

私達が彼らを発見した時、彼らも私達を発見していたのです。

そのまま、こちらへ来るものと思っていたのに、物陰に隠れた挙句、
スーパーの中へ入ってしまったので、ドタキャンされたと思ったそうです。
それでも時間まで待ったけど、出て来なかったから、このまま帰るのも
なんだしって事で、中都市まで行ったそうです。

これも、私が思った通り、彼らは先に現地へ行っていたのです。
それなのに、何故逢えなかったのか。

やっぱり、男の子ですよねぇ~。
駅の近くのバッティングセンターで遊んでたのです。
そうと知らない私達は、街をうろついていたわけで。

今だったら、携帯があるから、こんなすれ違いなんて
有り得ないでしょうね。

ヌーボーと秀吉がいた訳は。

彼ら3人が駅まで向かっている途中で、ばったり出会ったんだそうな。
でもって、くっついて来たんですって。
なんて、図々しい奴らなんでしょうね。
そのままくっつけて来させた彼らも彼らです。
男子グループと女子グループの温度差の違いでしょうか。

私、別に、この時はピン君の事を、そんなには思って無かったんですけど。

こんな機会、初めてだったし。

やっぱりちょっと、経験してみたいじゃないですか。

実現してたら、どんな感じだったんでしょうね。

男子達は、特別何も感じていない風でしたし、その後、私と
シャボンちゃんは、彼らとは何も無く終わりましたし。

ガッカリでしたね。

グループデート?なんて、その後一度も経験する事無かったしねぇ。

合コンだって、したことも無いしぃ~~~。

あ~、ガッカリ。

今思い出しても、ガッカリ でぇ~す!
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(6)

~ Comment ~

Re: ガッカリですねぇ^^;>マサフジ様 

マサフジさん♪

本当に歯がゆいですよね。
わかってたら、ウサギちゃんに従わなかった^^

素直になれないお年頃ですが。
向こうもOKして、やってきた訳ですし。
少しは何かを期待していたんじゃないか、って気がしないでもないです。

1対1のデートとは違う楽しさがありそうで、やっぱイイですよねv-398

Re: NoTitle>OH林檎 様 

OH林檎さん♪

そうですよね。
言われてみれば、きっと実現しても、
其々チームに固まって行動してたかも・・・。

なんか、恥ずかしくてお互いに同性同士で
くっついてそうですよね。
それでも、そんな風でも、一緒に行動しているってだけでも、
ドキドキ胸キュンだったかも。e-51

ガッカリですねぇ^^; 

う~ん、何だか歯がゆいですねぇ^^;
出来れば3対3でドキドキしながらデート
したかったですよね^^
私、グループデートの経験がないので、ちょっと
やってみたいかも(笑)
楽しそうだな~♪

NoTitle 

なんか、「わかるーーーー!」って叫びたくなるエピソードでした。
この頃ってホントこんな感じ(笑)
もし、無事に3対3で会えたとしても、(3対5だけど)
きっと男チームと女チームに固まって、
ただの買い物に終わったのでは?(爆)
ガッカリだけど、それはそれでいい思い出ですねぇ。
(ネタにもなってるしwww)

Re: 甘く切ないですね>二代目様 

二代目さん♪

男と女って、違う生き物ですもんね。
特にこの頃は、女子はおませで、男子は奥手、みたいな。
だからどうしても、温度差ありますよね~。

だけど二代目さん、ファーストキス早かったですね^^
ちょっと、羨ましいかも?
私は初彼氏は中1でしたけど、初キスは高2なんですよね(^_^;)

思い返してみると、中学の時が一番楽しかったし、
甘酸っぱい思いで一杯になります。e-420

甘く切ないですね 

たしかに、その頃の男子ってそんな感じだったですね~
付き合うとかの意味も女子とは温度差があったように
思います。

ちなみに私、ファーストキスは中二の夏でした。
ってそんな事どうでもいいですね^^;

純だったあの頃が懐かしいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。