ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

雑 記
雑記01


中2の時のお話・前篇

2010.04.24  *Edit 

中2の時のお話です。

仲良しの友達が好きだった男の子が、ちょっとジェーム・スディーンに似てまして。
ご存じですか?ジェームス・ディーンを。
映画好きの方ならご存じかもしれませんが。

色が白くて頬が少し赤くて、髪型までなぜか似てまして。
まだ中2ですから背は高くは無かったですけど。
髪型が似てたと聞けば、想像力の長けた方ならすぐにお気づきでしょう。
真面目タイプでは無いっつーことに。ヤンキーに半分、足突っ込んでました。

この友達は、小柄で色は黒い方でしたが、顔にそばかすのある、
丸顔気味の可愛い子で、先生までもが下の名前をちゃん付けで呼ぶ、
と言うくらい愛苦しい子でした。ウサギみたいなので、ウサギちゃんと、
ここでは呼ばせてもらいます。

もう一人の友達。
こちらは、体が大きかったので、ジャンボと呼ばれてました。
色白のぽっちゃりさんです。でも女の子にジャンボは酷いですよね。
シャボンちゃんとここでは呼びたいと思います。
因みに私は彼女をジャンボと呼んだ事は、決してありませんので。
このシャボンちゃんの好きだった男子は、背が高くて色白で、
さっぱり系のイケメンでした。物静かなタイプだったので、
目立つ事は無く、だから女子に人気だったのかどうかは、
定かではありませんでした。

そして、ワタクシ。
この時は、好きと言う程では無かったのですが、いいな、
と思う程度の男の子がおりました。
背は中くらい。細身。イケメンではありませんでしたが、
ちょっとニヒルな感じの、変わったタイプでした。
私、割と変わり種に惹かれる事があるんですよ。
理屈っぽいのに、面白い所もあって、何ていうか、
気は合っていたと思います。

私達三人は、彼らの話しをする時に、誰の事だか周囲には
分からないよう、其々をペン、ボン、ピンと言う呼び名をつけて
呼んでました。何故、こんな呼び名になったのかは、
もう覚えていません。提案したのはウサギちゃんだったと思います。
ウサギちゃんが最初に自分の彼をペンと名付けて、それで面倒だから
パピプペポの中から、シャボンちゃんと私が、それぞれの感覚で
選んだような気が・・・。

さて。
季節は多分、秋だったように思います。
家庭科でパジャマを作る事になって、某中都市まで生地を買いに
行く事になりました。
それで、ウサギちゃんが言いだしたのです。
グループデートにしたくない?って。
生地を買いに行くのに、彼らを誘おう、と大胆なご発言。
男の子と満足に口もきいた事も無いシャボンちゃんは、
恐れおののいてました。
私も、過去に彼氏はいましたが、そんな事は初めてだったので、
ビックリ。
勿論、言い出しっぺのウサギちゃんだって、未経験です。
恋の力ですかね。
この時、思いきり恋してたのはウサギちゃんだけですから。

だから、私もシャボンちゃんも、ウサギちゃんの恋を
応援するつもりで、賛成しました。
でも、OKしてくれるのかなぁ・・・・。


誰が、どういうふうに誘ったのか、覚えてません。

だけど、OKしてくれました。
驚きました。
ペン、ボン、ピンの3人は、普段から大の仲良しと言う程の
関係では無かったけれど、何となく気が合うようで、時々一緒に
いる事もあり、3人が一緒にいる時に誘ったような気が。
何で俺ら?と不思議そうな顔をしながらも、了承してくれたのは
今から考えても不思議です。

その後、ペン君とウサギちゃんは付き合うようになったので、
もしかしたら、私とシャボンちゃんのように、他の二人も協力する
気だったのかもしれませんが、本人達から聞いていないので、わかりません。

それで日曜日の午前中。
最寄の駅で待ち合わせました。

時間少し前に、3人で駅へ行ってみると、既に彼らは来ていました。
私達、大興奮。
でも・・・。

よ~く見ると、何故か彼らの他に2人の男子がいたのです。
え~?
なんでぇ~?

この時私達、物陰からそっと様子を窺ってました。
なんで、そんな事をしてるんでしょうね?
それは、ウサギちゃんが、恥ずかしがって、彼らの姿を見つけた瞬間、
物陰に隠れてしまったからなのです。
「なんで隠れるの?行こうよ」
と私が促すと、私の袖を引っ張って、
「待って。まだ、覚悟が・・・」
と言って、かなり緊張している様子。
そしてウサギちゃんは、私とシャボンちゃんを引っ張るようにして、
駅に併設しているスーパーの中へと入って行くのです。

「ちょっと、ちょっと。どうしたのよぉ?」
何が何だか分かりません。
ここまで来て、何をしゆう、おんしは。

ウサギちゃんは、二階にあるトイレへ駆け込むと、鏡を見てから
バックの中からリップクリームを出し、お化粧直しと称して、
念入りに塗りだしました。
それからビューラーを出して、睫毛を・・・。

気持ちは分からないでもないけれど、ここまで来て、
この期に及んで、そんな事を。
だって、ここへ来る道すがら、しきりに顔を気にしては、
リップ塗ったりしてたんですよ?

ブラシを出して髪を直したので、私も髪だけは直しましたけど、
時計を見ると、あらまぁ!

時間過ぎてるじゃないの!
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(4)

~ Comment ~

Re: ごぶさたしました>misia2009様 

misia2009さん♪

こちらこそ、ありがとうございました。

タイムマシン!!
あったら、戻ってやり直してみたいですね。
そしたら、絶対、うさぎちゃんのリップヌリヌリを阻止してます!!!

ごぶさたしました 

こちらへは楽しいコメントをたくさんありがとうございました!!!
最新記事から読んでさかのぼって参りました。
理子が志望先バレたプレッシャーに負けませんように。
(ぜってー学内で噂が広まる)

お仕事本当にお疲れさまでした。若いときって記憶力に自信があってメモ取らなくても大丈夫なつもりでいるんですよね。
そして、お車の件お悔やみ申し上げます・・・(思い出さすな?)
narinariさんの体のお怪我にならなくて何よりでしたね・・・

で、このネタいいですね!
後編と合わせてもうすっかりひとつの短編小説になってる♪
ペンポンピンがたまりません。そう、こういう仲間だけで伝わる「秘密用語」を考えて使ってたときがありましたね~しみじみ

リップぬりぬりで時間遅れか~甘酸っぺい!
そしてジャイアンとスネ夫的なお約束展開・・・ほんとにあるんですねw 
タイムマシンで戻ってやり直したい件、でしょうか。

Re: いいですね~>マサフジ様 

マサフジさん♪

そうそう。大体中学時代とかって、男子より女子の方が
積極的でしたよね。
でも互いに相手に関心ありながら、素直になれず、
妙な距離感のまま盛り上がっていたと言うか。
まさに柑橘系な感じ、でしょうか。
楽しい時代でした^^

いいですね~ 

なんだか初々しかった昔を思い出しました^^
中学生あたりは女子の方が積極的で、周りは
いつもそんな話で盛り上がっていたような気がします。
あぁ~、あの頃は全てが楽しかったですね~(^-^)
まぁ、今もそれなりに楽しくやってはいますが(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。