ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常13(2015.07.28~2016.02.08)


三者面談で。

2015.12.19  *Edit 

昨日、息子の三者面談に行って来ました。


まずは成績表を見せられ……(くれるのは終業式の時です)。



下がってるのと上がってるのと。。


期末テストの成績表も渡され、こちらは矢張り出来ている方でした。

本人が言った通り、全て平均点をかなり上回る点数。

生物も記入ミスで10点の失点とは言っても、平均点より15点も上回ってるし。


いや、もう平均点は驚くほど低いので、それを上回ったからって

威張れることでもないんですが。


クラス順位は変わらず2位。1位はいつものお友だちで、息子より50点も上。

もう、ぶっちぎりだね。


修学旅行から間があまり無いから、全体的にみんな悪かったから、

これだけの点数をキープしてるキッキは偉いって、担任の先生はおっしゃるけど。


2位の息子と3位のお子さんとは、1位と2位の点数差よりも遥かに大きい

点数差なので、1位と2位は、このまま維持されていきそうです。



まぁ、狭い中で比べてどうこう言っても無意味だけど。

本人は、よく頑張っていると思います。


特に今回、『簿記』で、なんと、『5』がついてたのでした!


このクラスは、どんなに良くても『4』って話しだったので、ビックリ!!


詳細評価が殆ど『S』だったからみたい。


一番の得意科目ではあるけれど、凄いと思う。


あと、ワープロ検定2級も合格し、合格証書を渡されて感動もひとしお。


本人も、さすがに2級となると、これまでとは違う感慨を抱いたみたい。



で、下がった科目ですが。

テストの点数は良いので、なぜ下がってしまったのか、と言うと。


集中力の欠如で、ボーっとしてる事が多く、話しを聞いて無かったり、

板書の洩れがあったり(きちんと板書できたか、ノートを回収してチェックされます)、

時々、宿題を忘れてきたり……。

そういう点が、「やるき・意欲」の点で低評価がついてしまい。



ADHD気の強い自分としては、息子の傾向は理解できるんですよね。

ただ私の場合、全ての事で集中度が高くない為、ぼーっとしてても

先生が話しだしたら気づけるので、聴き逃す事は95%くらい無いんですが、

息子の場合、ボーっとしてるのは他の事を考えてるからで、その考えの方に

集中してしまっている為、周囲の変化に気付くのが遅くなる。


車の運転じゃないけど、前に集中しながらも後ろの様子も気にしてなよ、って

感じで、他の事に意識が行っても、完全にそっちに意識をやらず、

30%くらいは残しとけ、って言うんだけど、すぐにはうまくいくわけもなく。


あれこれと対応策を考えながらも、多分、そこそこくらいまでの状況になるまで

まだまだ時間はかかるんじゃないかと思う。



進路に関しても、訓練校の感想を聞かれ、今後どうするかを話し合い。

キッキには向いてるとは思うけど、狭き門だし。でも挑戦するかな、って方向性かな。


来月の施設見学もあるから、まだはっきり決めなくてもいいけれど、

先生的には、すぐに就職は勧める気が薄い様子。


キッキは色々できる事も多いし、性格も良いけれど、なんにせよ、まだ幼いせいか

危機感がまるで無いので、就職試験を受けても、そこら辺で引っ掛かって

落される可能性が大きいと、先生は思ってるみたい。


人の話しを割って喋ったり、人の話しを聞き逃したり、指示が通りにくかったり。。。


そこが障害の特性なんだけど、企業側も結構厳しいようで。


なんせ今年は、就職組の成果が思わしくなく、かなり落ちたそう。

しかも、2次までいって……。


落すなら1次の段階で落して欲しいですよねぇ、、、と先生と言い合ったんだけど、

ほんと、2次までいって落されたら困るよね。

高校は大学と違って1者1社制だから。


落ちた理由は、ストレスに弱すぎる、、、らしい。


要は打たれ弱い。

怒られてかなりへこんだり、中には泣きだしたり。



う~~~ん。


普通の会社なら、分かる理由だと思うよ。


でも、どんな怒り方をしたのか見て無いから分からないけど、

頭ごなしに叱られたら、誰だってへこむよね。

しかもさ。

今の時代、健常の子だって、叱られ馴れて無い弱っちい子、多くないですか。


こういう障害の子どもは、普通の子より感覚も過敏。精神も過敏。

失敗度が1程度でも、5くらいに感じてしまうから、落ち込みが激しいのも当然。

勿論、だからと言って甘やかして良い訳ではないけれど、対応の仕方に多少の

配慮が必要で、その為の福祉就労な訳です。

そういう配慮をしてもらうからこそ、低賃金に甘んじて働くわけで。


普通の人と同じように働けるなら、そうするよ。

収入が段違いだもん。

スタート時点では、あまり変わらなくても、普通なら昇給してく。

でも、この子達は、殆ど横ばいだから。一生、十数万程度の月収しか得られない。

まさにワーキンブプアの代表じゃないのかな。

親元で親と一緒に暮らしているうちは良いけれど、親が死んだら大丈夫か?って

本当、心配になるよ。



うちの息子は真面目で素直だから、どこでもやっていけると思う。

ただ、採用の段階で、そういう障害特性の点で落されたんじゃ、どうしようもないよねぇ。


何にせよ、早生まれのせいか、少し他の子達よりゆっくりだし、

訓練校でもう少し学んだ方が本人にとってもプラスかなとは思うので、

そちらの方向性でいくことになると思います。


ただ、落ちた時の事も考えて、就労施設を色々調べたり見学したりして

候補を幾つか持っておいた方が良いように、先生に言われました。

慌てて、どこかへ……って状況になるのはイヤですよね?って。

そりゃそうだ。

今、身近な3年生達が大変なのを感じてるから、尚更そう思うけど、

最終的には、なるようになれ、、とも思っています。


その時々で、できることをやる、それしかないよね。


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。