ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常13(2015.07.28~2016.02.08)


TVのリモコン分解

2015.12.08  *Edit 

テレビのリモコンがね~。


調子悪くって。


ボタンを押しても反応しない。


勿論、全てなわけじゃないけど、外部入力との切り替えボタンや


ボリューム調節……。

若干の幾つかのチャンネルボタン。。。



テレビは日立のウーなんですが。


純正のリモコンはとっくに調子悪くなっていて、電気屋さんで

市販のリモコンを買って使っていました。


そのリモコンが調子悪い。


いつ買ったかは忘れてるけど、調子悪くなったの、予想より

早かった気がする。

だから、調子悪いな~と思いつつも使っていたの。


一度じゃ無理でも、しつこく何度か押せば反応してたから。


でも最近、それも駄目で、幾ら押しても無反応。


仕方なく、テレビ本体で操作してましたが、ダンナが新しいのを買ってきた。



ヤレヤレ。これで快適。



で。



なりなり : 古いリモコン、捨てた~?


だんな : まだ置いてある。



なりなり : なんで?紛らわしいじゃん。捨てなよ。


だんな : ええ~?



なんか、捨てたくなさそうな様子を示してる。不要な物はゴミ袋行きでしょう。



なりなり : 間違えたりしたらイヤじゃん。邪魔だし。


だんな : そうだけどさー。分解しようかと思ってたんだよね。










ええええ~~~~?











それは、ナイスアイデア!!グッド!







自分で思いつかなかったのが残念だった。



そうだよ~。捨てるんだったら、壊してもいいわけだ。



どんな風にできてるのか、是非、見てみたい!






だんな : ……だけどさ。開けようと思ったものの、どこにもネジが無いんだよね。




どれどれ……。



手に取って見てみると、確かにどこにもネジがない。



上と下と、細い隙間はあるものの、引っ張ったって取れようもない。



これは、頑丈な接着剤でつけてあるな。。。



そう言えば先日、テレビで強力接着剤でつけたものを、現役プロレスラーが

頑張ってはがそうとしても、無理だったっての、やってたな。

私は背後から音声でしか知らないが。




なりなり : この隙間にさ。マイナスドライバーを刺し込んで剥がせないかな。



だんな : やってみたけど、無理。




あら。 すでにトライ済みだったの?




ダンナに無理と言われつつも、自分でやってみないと納得できず……。




やってみた。





だんな : 怪我しないように気をつけて。


なりなり : 痛っ!!


だんな : 言ってるそばから、何やってるの!



隙間の深さが超浅い為、すぐにドライバの方が抜けて、自分の指を直撃。

幸い、怪我はしなかったけど、痛かった……(:_;)




まぁ、テレビのリモコン、メーカーに関係なく、どこも似たような物だから、

見て貰えれば分かると思います。


そう思って今DVDプレーヤーのリモコンの方を見たら、こちらはネジあった。





さて。


どうしましょう。




無理なのかな。。。





こうなったら、ハンマーで叩き割るか?







そうだ!ひらめき電球  切ろう!





なりなり : 缶切りでさ。切れないかな?


だんな : ああ、それはいい考えかも。方向性が。



賛同を得た私は、台所から缶切りを持ってきてトライ。





……………………






 Orz






そんな事は、はなから無理と思っていたんであろう、だんなが


ペンチを出してきた。



おおっ!それだ!



そうだよ、それだよ。何故、私は気付かずに缶切りなんて物を……(^_^;)





そんな訳で。




なんとか、開ける事ができました~~~\(^-^)/






なかなか、感動しましたよ(///▽///)






151206_171002 (2)






光が反射して、一部見難い部分もありますが。



どうです~?



私たち夫婦は、子どものように嬉々として、


こうなってたのねぇ~~~と、半ば感動しながら観察してました。



右にあるのが、操作部分ですが、当然ながらラバー仕様。ペラッペラです。


面白いのが中の基板ね。



こんな作りになってたんだ~、、、と二人でいじりながら感心。



今はほんと、作りが簡単だよね。これじゃ、素人では直せない。


どこが悪いのか、サッパリだもん。


ボタンの方には問題が無いみたいだったから、電子回路の変換機の方か?


よく分からないけど、純正じゃないから、寿命が早いのでしょうか?


とは言え、純正だって早かった気が。


だって、デジタルテレビにして、そんなに年数経って無い筈だし。





だけど、なかなか面白い体験ができました。



子どもの時から、機械とかいじるのが好きなので。


最近はコンピューター化して、多くの電化製品がブラックボックスになっちゃって


不具合があっても、ちょこちょこっといじって直すって醍醐味を


味わえなくてつまらなかったのですが。



これからは、捨てる物はその前に分解してみようっと♪




スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。