ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・目覚めのセレナーデ
第三章・冬は峻烈


目覚めのセレナーデ 3-23

2015.10.25  *Edit 


 信じられないような展開の大晦日の晩。
 共に夕食を摂ってから、真田の連絡で片倉がやってきた。芹歌を家まで送り届ける為だ。
「すまないな、純哉」
 片倉はにっこりと笑った。その顔は、どこか嬉しげだ。
「二人の顔から察するに、上手くいったみたいだね。良かったよ」
 芹歌は頬を染めた。なんだか恥ずかしい。
 芹歌は来た時と同じように片倉のプジョーに乗って帰ったが、帰宅途上での片倉は
無口だった。車を降りた時、「これから大変だね。でも大丈夫。頑張って」と言った。
 そう。これからの事を考えると、少しだけ気が重くなる。
 時刻は既に夜の10時近かった。片倉が一緒に車を降りて、ちゃんと送り届けた事を
母に報告した。
 神永はまだ家にいた。一緒に紅白歌合戦を見ていたと言う。芹歌は神永の顔を
見るのが心苦しかった。後ろめたさが湧いてくる。だが、今日あった事は、ひとまず
暫くは言わずにいるよう、真田に言われた。その上で、なるべく早く、神永との
関係を解消する。それが何より心を重くしていた。
 神永は紅白が終わると、自宅へ戻って行った。実花は寂しそうにしたが、
もう眠たいと言う事もあってか、神永の姿が見えなくなると途端に欠伸をして、
すぐに就寝した。だが芹歌はなかなか寝付けなかった。短時間のうちに色々あり過ぎて、
未だに興奮が覚めない。それに、真田と交わった場所が痛かった。初めての時は
痛いと聞いていたが、これ程とは思っていなかった。どうして女ばっかりと思う。
「最初は痛いけど、その後は男よりも深い快感を得られるようになるんだ。
だから、最初の痛みはその代償なのかもしれないな」
 真田にそう言われて、そういうものなのかと思ったが、今のところはよく
わからない。それにしても、こんな事になるとは。父が亡くなる前ですら、
共に演奏する未来を夢見ていても、こういう仲になるとは予想もしていなかった。
あえて、ならないように気をつけていたとも言えた。純粋に音楽だけのパートナーで
いたいと思っていた。
 そもそも自分の両親が理想のカップルだと思っていたから、真田のような
俺様の自己中男とどうこうなっても幸せになれると思えなかった。しかも
女好きだ。魅力的な男だから、惹かれるのは否めない。憧れ止まりが丁度よい。
 少しだけ不安に思う。彼のこれまでの派手な女性関係だ。今後それに
悩まされるのだろうか?きっぱりと関係を切ってくれるのだろうか。それに、
これから先もモテることは想像がつく。ファンまでいるくらいなのだから。
 はぁ~っと思わずため息が洩れた。自分がこれほど真田の事を好きになって
いたとは。認めたら辛くなるから、忘れようと勤めていたのだと今更ながらに
気付いた。忘れようと思っていたのは、単に舞台の上での未来だけでは無かったのだ。
 元日は午後から神永がやってきて、三人でおせち料理をつまみながらカルタ
遊びなどをしたが、芹歌はあまり神永と視線を合わせないようにした。
 いつどのようにして切り出そうか。悩むばかりだ。二日の日も遊びにきたが、
芹歌はこの日は殆ど朝からピアノの練習をした。1次予選が月末から始まる。
曲を決めるのはこれからだが、1次予選はバッハ、ハイドン、モーツァルト、
ベートベンの中から2曲を弾く事になっている。だから曲決めの前に、一通り
さらっておきたかった。
「どうしたの?朝からずっとピアノを弾いてるわね?午後はいいんでしょ?」
 昼にダイニングへ行くと、実花に言われた。傍に神永が不思議そうな顔をして
芹歌を見ている。
「ごめんなさい。午後もちょっと……。今日はずっとピアノを弾きたいの。
怪我をしてなまってるから、取り戻したくて」
「あら、折角のお正月なのに?ゆう君も来てるって言うのに」
「ほんとにごめんなさい。ごめんね?神永君」
 神永は残念そうな顔をしているが、「いえ、大丈夫です。練習に励んで下さい」と
言った。彼としては、そう言うしかないだろう。
 そして正月三日。芹歌は「用事がある」と言って、家を出た。真田と待ち合わせて
いる。渡良瀬教授の自宅を訪れる為だ。顔を合わせた時、なんだか気恥ずかしかった。
真田の方は優しい笑みを口許に浮かべていた。
「おはよう、芹歌」
「おはようございます……」
 真田が催促するような顔になった。芹歌が赤くなって少し俯くと、
「おはよう、芹歌」と再び言われた。
「あ、あの……」
「あの、じゃない。おはよう、芹歌」
(あー、しつこい人だ)
「おはようございます……、ゆ、幸也さん……」
 最後は消え入るような声になった。
「全く、しょうがないなぁ」
 呆れるように言いながら、芹歌の髪を撫でて来た。
「取り敢えず、合格な」
「はぁ?」
「素直じゃない芹歌が悪い。でもまぁ、結果的には良しだから。じゃぁ、行こうか」
 真田はそう言うと、芹歌の肩を抱いて歩き出した。肩を抱く手が優しい。ドキドキした。
「どう?腕の調子は」
 真田が道すがら心配そうに訊いてきた。まだ怪我の影響が気になるようだ。
「大丈夫です。昨日、一日中弾いてたけど、もう全然大丈夫でした。それより、
幸也さん、の……、足の方こそどうなんですか?」
 まだ引きずっているように感じられる。
「心配無い。順調に良くなってるから。ま、まだウォーキングはしないでおいた方が
良さそうだ。でもこうやって普通に歩いている分には全く問題ない」
 そっと見上げると、確かに平気そうな顔をしている。痩せ我慢をしているようには
見えない。
「ん?」
 芹歌の視線を感じたのか、顔をこちらに向けて来た。満足そうな微笑を浮かべていて、
芹歌の心は満たされる。この視線は、明らかに大事に想われている視線だ。
「芹歌……。そんな目で見るなよ。キスしたくなってくる」
 カーッとした。慌てて視線を逸らす。
「やだ……」
 真田はフッと軽く笑った。
「恵子先生の用事が済んだら、うちへ行こう」
「え?どうして?」
「どうしてって……。そんなの、わかってるだろう。言わせるなよ」
「え?言わせるなって……。練習するって事ですか?」
「あー、全くお前ってヤツは……」
 真田は天を仰いだ。
 芹歌も同じように天を仰ぐ。澄みきった、抜けるような青い空だった。所々に
白い雲が筆で刷いたように浮いている。
「馬鹿、二人して歩きながら上を向いてたら、危ないじゃないか」
 真田がいきなり立ち止まったので、芹歌はつんのめった。
「え?あ、ごめんなさい」
 真田は芹歌を訝しげにジッと見つめた後、「まぁいいや」と言って再び歩き出した。
芹歌は何が何だかよくわからないまま、真田に従った。
「まぁ、よく来てくれたわね。二人揃って。とても嬉しいわ」
 渡良瀬は目を輝かせて二人を迎え入れた。
「芹歌ちゃん。よく決心したわね」
「はい」
 渡良瀬は感慨深げに芹歌を見ている。
「学内コンサートの前日にね。真田君から、提案されてね。その時はびっくりしたの。
でも、コンサートでの芹歌ちゃんのピアノを聴いて、これならいけるって思ったのよ?」
「え?そうだったんですか?」
 芹歌は驚いて、渡良瀬と真田の顔を見た。あの頃から、既に考えていたとは。
「芹歌ちゃんは、本当は実力があるのに、在学中もちっともコンクールに熱心じゃ
無かった。勿体ないって思ってたのよ。でも、真田くんの後を追ってドイツに
行くのは決まってたから、向こうで揉まれて成長するだろうって思ってた。
それがあんな事になってしまって。本当にね。ずっと、あなたの先行きを
心配してたのよ……」
 しんみりした口調に、芹歌の胸が少しだけ痛んだ。心配されてるのは、
ずっとわかってはいた。だが、自分にはどうしようもできない。期待されても
重たいだけだと思うばかりだったのだ。
「真田君も真田君よ。人任せで。もっと早く、芹歌ちゃんを迎えに来て欲しかったわ。
お陰で5年ものブランクができちゃったじゃないの」
「すみませんでした。恵子先生には、色々ご迷惑をかけ通しで。でも感謝してます。
芹歌の腕を落とさずに維持させ続けて下さって。でなければ、コンクールに
挑戦なんて無理だったでしょうから」
「まぁまぁ。なんでしょうね。まるで保護者のような口ぶりね」
 渡良瀬は冷やかすような笑みを浮かべた。
「なんにせよ。決意したのは素晴らしいけれど、問題は結果よ。こんな間際に
申し込む以上、優勝を目指して貰わないと、私が推薦する意味がないんだから。
私のメンツを守ってもらわないとね、芹歌ちゃん」
「はい……」
 渡良瀬のいつにない厳しい顔に、芹歌は体が硬くなった。考えてみると、
この先生は元々厳しい人だった。卒業後は芹歌の身の上を慮って何かと優しく
接してくれていたが、音楽に関しては誰よりも厳しい。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。