ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

日常
日常13(2015.07.28~2016.02.08)


病院へ

2015.09.26  *Edit 

連休明けの木曜日は休診日。


木曜休診の病院って多いよね。

だから病院だけ連休が長いじゃんっ。。。


ちょうど木曜日はピアノのレッスンが入っていたので

まぁ良いのだけど。


と言うことで、昨日の金曜日に行って来ました。


行く病院の科を迷う。


お腹が痛いから内科へ行くか、もう長い事悩まされている

頭痛系へ行くか。

内科の方も長い事は長いし、日常的にしょっちゅう痛くなる。

でも今回、何より頭が酷かったし、まだ時々鈍痛が発生してるし、

普段、騙しだまし過ごしてるけど、月イチくらい、症状が

重くなったりするし、大後頭神経痛ならちゃんとした薬を

処方してもらった方が大分楽になる筈。

ネットでこの薬の事を調べたら、てんかんの薬だと分かった。

そんな薬、個人の判断で飲めないもんね。

それに、万が一にも脳梗塞の可能性とかが無い訳じゃない。



そんなわけで、まずは頭痛系に行く事に。


車で10~15分の場所に、脳神経外科の頭痛専門外来と整形外科を

やっているクリニックがあるので、そこへ。

天気が悪かった事もあり、予想以上に時間がかかってしまい、

9時少し過ぎに到着。でも駐車場がイッパイで……。

駐車場はドン詰まりで、入ったはいいけど、出られない。

後続車までいてバックで出れず。

でも、この時間で待ってても空くわけもない。

そう悟って後続車、出てくれればいいのに!

仕方なく、病院出入り口の僅かなスペースを利用してUターン。

こういう時、軽自動車は便利です。

周囲を伺ったら、隣の処方箋薬局の駐車場に空きがあったので、

そこに止めました。ここ穴場。後から続々やってくる車、

皆さん、諦めて素通りしてってる。

とにかく、受付しないことには話しにならないものね。


中に入ると、20人くらいの人達が待ちあいの座席に。。

勿論、座れない人たちも。

連休明けってことだからでしょうが、凄かった。

こういうの見ると気落ちして出直したくなるけど、出直した所で

同じなんでしょうから諦めてはいけない。気持ちは諦めたい方に傾いてたけど(^_^;)


私、病院ほんと嫌いと言うか苦手なんです。

特に、初めての時は。

だから、すっごい緊張しちゃってて、受付で血圧器で計るように言われて

計ってみたら、もうビックリ!

148/104

はぁ~~???

毎日、血圧の薬、飲んでるのに。

薬を貰いに行く度に病院で計ってるけど、最近は低めに安定してる。

車を運転しながら、病院へ近づくほどにドキドキしてガクガクして

指先が痺れて来て、、、だったので、当然と言えば当然?

薬を貰う病院は2カ月に1度の頻度で行ってて、もう16年も通ってるから

すっかり馴れてるせいなんでしょうね。それでも診察室で血圧を計って

貰ってる時は少し緊張しちゃってるんだけど。

なんかほんと、どーしてなのかは分からないし、我ながら情けない。


受付を済ますと、今日は混んでるから1時間から1時間半は待つと思うって

言われた。それまで、どうしますか?中で待ちますか?出ますか?

って事で、それなら一端、帰宅する事にした。

待ちあいの座席満席で立ってる人もいる中で、立ちんぼでそんなに待つの辛いし。


そして、10時半過ぎに再び病院。

相変わらずの混みよう。

ただ席が1つ空いたので座らせてもらいました。

周囲の様子を伺うと、9時過ぎに受付した時に座ってた人達と

顔ぶれがあまり変わっていない様子……。

こりゃ、待つな……。



と予想通りに、名前が呼ばれたのは11時半過ぎでした。

結局、受付から2時間半近くかかった算段ですね。


診察は院長先生でした。


好みのタイプでした。(o゚∀゚)ブハッ∵∴


穏やかで話しをしっかり聞いてくれたので好印象。


感じの悪い医者が多い中で、いい感じでした。


問診の後、両腕を上げて目を瞑ったり、首を左右に動かしたり

視線だけどペンの動きに合わせて左右上下に動かしたりした後、

頭のCTと首のレントゲン。




結果…………。




写真が上がって来て再び呼ばれて、先生の第一声。



「良かったですね。悪い所はどこにもありません」



「・・・・・・・・・・・・・」

(はぁ~~~~???????)



そ、そんな事を言われても。

どうしたら良いのか分かりません。



何それ、どういう事?

全く訳が分からない。


先生が、CTの写真を貼りだして、説明を始めた。


「脳には全く異常がありません。とても綺麗な脳です」


そ、それは嬉しいけれど……


「副鼻腔炎が原因かなと思いましたが、それも無いです。

 何も溜まってなくて、綺麗な状態ですよ」


あら~。副鼻腔炎、なってなかったの?まぁ、軽いうちだったんでしょう。


「頭痛を起こしやすい特徴も全くありません」


え?そうなの?元々昔から頭痛持ちだと言うのに。。。


なんか先生、色々説明してくれたんだけど、頭痛を起こしやすいタイプの

脳内器質の特徴が幾つかあるらしい。

だけど私の脳は、どれも全く問題が無いんだそうだ。


「至って健康な、綺麗な脳です」

ははは……。だって頭痛ばっか起こしてるのに、そんな事を言われても

なんだか素直に喜べない。。。。

でも確かに、写真はそうなんでしょう。



「じゃぁ、首が原因ですか?」

そう訊ねた。

20代後半くらいに、手の痺れから整形外科で診て貰ったら

頸椎が圧迫されてるって事で牽引のリハビリをした経験があるので、

もしかして、そっちが原因なのかと思った。

ところが。


先生が今度は首のレントゲン写真を出して来て、


「首も何の問題もありません」 と言った。


はい~~~~???


「頸椎の7本、全部しっかり隙間が開いていて、圧迫されてる心配はありません。

 首の反り加減も良好で、年齢相応で問題は全くありません」


確かに、目の前にある写真は、先生が言う通りだった。



で?


じゃぁ、なんなのよ。


「良かったですね。危険な病気が無くて」


そりゃそうだが。


なんか釈然としないが、結局のところ、私の酷い頭痛は、

首が原因でも無ければ、神経痛が原因だったわけでも無かったようだった。



「考えられるのは、酷い肩コリ……でしょうかね……」


orz…………



確かにね。

前述の通り、私はすぐに緊張する。

この緊張のせいで、ピアノも脱力がなかなか出来ないでいるわけだし。


とにかく、私の肩コリは凄い。尋常じゃない。

でもねぇ…………。


日常的に、マメにラジオ体操のような運動をして筋肉をほぐすしか無いそうです。

一日に何度も、そして毎日しないと駄目だって。

もうここの所、運動不足過ぎるほど動いて無いのもあるしね。

なんせナマケモノだから。。。(^_^;)


今後、酷い場合は対処療法していくしかないと言われ、取り敢えず、

筋肉をほぐす薬とかビタミンB16とか指先の痺れを押さえる薬とか、

そういうのを2週間分処方してもらい、様子見って事で終わりました。



頭の痛みは結局、アレルギー性鼻炎が風邪で悪化したり、過緊張だったりが

更年期の症状と相まって起こってるんだな、と当初の自分の見たてと

遠く無かったんだと理解した。

酷くなってきたのは、更年期に合ってる感じだから。

まずは重畳。

脳梗塞の心配は無くなったと言うことで。



あとは、内臓だな。

こちらは、12年前の胆石手術の数年後から腹部がまた痛み始め、

年々悪化してる気がするので、いい加減、診て貰わないといけないのだと思う。

ほんと我ながらよく我慢してると思う。

私が何も言わないから、ダンナすらも気付いていない。

一応、昨日、頭の検査の結果を話したついでに、腹の事も話した。

近々、腹の方も病院行こうと思うけど、どこへ行ったら良いのやら。

最初の時は、血圧の薬を貰ってる近所の内科でエコーを撮って貰って

大病院を紹介されたんだけど、今回もそうするのか否か。

長年通っている事で、ここの医者の力量への評価、実は低かったりするので。

なので、病院選びに悩んでいる所です。。。。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。