ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・目覚めのセレナーデ
第三章・冬は峻烈


目覚めのセレナーデ 3-07

2015.09.27  *Edit 


 舞台袖で待つように言われて、芹歌は久美子と沙織と別れて一人舞台に向かって
歩き出した。ドレスの裾が長くて歩きづらい。こんな長い裾で、ペダルを踏む時に
邪魔にならないだろうか?みんな、よく平気だなと思う。
 不安な気持ちで歩いていたら、前から片倉がやってきた。
「あっ」
 驚いたように見ている。
「芹歌ちゃん?驚いた。すっごい綺麗だ。見違えたよ」
 眩しそうに見ているが、なんだかそのセリフ、馬子にも衣装と言われている気がした。
「あの……、真田先輩は?」
「もう、舞台袖にいる。男の方が支度は早いからね。それにしても、ステキだ」
「あ、あんまり、そんな事、言わないで下さい。恥ずかしくて」
 片倉が愉快そうに笑う。
「なんで?女の子なのに、褒められて嬉しくないの?」
 小首を傾げる様が、小悪魔みたいだ。
「う、嬉しくないです。ブスと言われるよりはマシですけど」
「あははっ!やだな、芹歌ちゃん。もう少し、自分に自信を持つといい。こんな事なら、
僕が頂いておけば良かったって思うよ」
「はぁ?」
「幸也は、馬鹿で間抜けで愚図だからね」
「あのぉ……?」
 一人で何を言ってるのだろう?
 片倉は、そんな芹歌に「さぁ、行っといで、幸也の元に。そして、最高の演奏を
聴かせて」と言って、軽く背中を押した。
 あっとっと……と、少し足が絡んで転びそうになりながらも、何とか体制を持ち
直して芹歌は歩き出したが、不思議な面もちで後ろを振り返る。片倉は、軽く手を
上げて去って行く所だった。
 不思議な人だ。とても魅力的な人だし、演奏も素晴らしいが、かなり変わっている。
でも、いい人だとも思う。真田がドイツにいる間、何度か一緒に演奏したが、
楽しい人だし、何かにつけて気を使ってくれた。プレイボーイで有名だし、実際現在、
久美子と関係しているようだが、芹歌にはそういう素振りは全く見せた事が無かった。
内心、誘われたらどうしようと最初は思ったが、全くの杞憂だったようだ。大体、
久美子のような美人でも無いし、そんな風に少しでも思った自分が恥ずかしく
なったものだった。
 舞台が近づくにつれ、緊張が高まって来た。
(やだ、ほんと、どうしよう?)
「あ、浅葱さん。さぁ、あそこへ。真田さんの隣に行って下さい」
 スタッフに言われた方を見ると、真田が立っていた。目を瞑ってジッと舞台上の
音に耳を澄ませているようだったが、慌ただしい気配に気づいたのか、芹歌の方を見た。
 芹歌はその視線を受けながら、たどたどしい足取りで近づいた。真田は近くに寄って
来る芹歌を、頭の先から爪の先まで視線を何度も走らせていた。その様子に益々
芹歌の胸が高鳴る。
(あーん、やだー。そんなに見ないで)
 消え入りたい。
 恥ずかしくて、思わず目をギュッと瞑る。
「待ってたぞ。凄く、綺麗だ。よく似合ってる」
 深い声が真実味を帯びてるように感じて、芹歌の心に響いた。
 目を開くと、優しい笑顔が浮かんでいた。胸の鼓動が前より上がった。手足が更に
震えて来て、顔が火照っている。
「あ、やだ……。どうしよう。すごく緊張してきちゃった。こんな格好、
初めてなんで、恥ずかしいし……」
 真田が微笑みながら芹歌の手を取った。
(えっ?)
「ほんとに震えてるな。おまけに、手が冷たい」
 真田はゆっくりと芹歌の手を撫でる。
「どうした?こんなに緊張して。お前らしくない」
 柔らかい口調だった。
 芹歌は手を取られたまま、気持ちが一層高ぶってくるのをどうしようもなかった。
「だ、だって。こんな目立つドレス……。初めてで。私、脇役だから、あまり
目立ちたくないのに……」
 かろうじて答える。真田の手は相変わらず芹歌の手を摩っていた。
「言ったろ?いつもダサいって。俺のパートナーなんだから、少しは綺麗になって
貰わないとな。大丈夫。終わればまた、いつもの姿だ。シンデレラみたいだな」
 カチンと来た。
「どうしていっつも、そう意地悪なんですか?それが、パートナーに言う言葉?」
「あはは。そうだ。その調子。お前は少し怒った方が、調子がいいよな」
 そう言いながらも、まだ芹歌の手は真田の手の中だった。
 大きな手だ。指も長い。温かくて力強い。
 段々、落ち着いてきた。
 ふと見上げると、真田が芹歌を見つめていた。深い優しさが感じられる眼差しだ。
こんな風にこの人から見つめられているのが、何だか信じられない。いつだって、
挑むような厳しさと情熱が漂っているのに。
「今日は、思いきりいこう。俺、多分、かなり走っちゃうかもしれない。そんな
気分なんだ。でも、お前はお前の調子で俺とやってくれ。練習と大分違う事に
なるかもしれないが、心の趣くままにやってみたいんだ」
 瞳が煌めいている。
 芹歌は頷いた。この人を信じてついていく。
 拍手の音と共に、出演者が戻って来た。暫くの後、静かになる。
――真田さん、浅葱さん、出番です。
 スタッフの合図が送られた。
「さぁ、行こう」
 手を離して歩き出した真田の後について舞台へと歩き出した。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。