ChaoS

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

小説・目覚めのセレナーデ
第一章・夏は暁


目覚めのセレナーデ 1-04

2015.06.22  *Edit 


「浅葱さんも御苦労でしょうけど、私たちも同じですよ」
 練習の合間の休憩中に、団員の何人かがピアノの回りに集まって口々に囁いた。
 山口が就任して間もない頃は、団員の戸惑いはかなりのものだった。前任者と
まるで違うやり方に戸惑うのも当然だ。しかも、それまでの指導でそれなりの
音楽性を養ってきた団員達だけに、山口の指導を疑問に思う者が多かった。
 当たり前のように指揮者と団員の間に軋轢が生まれ、どうしてもやっていけないと
判断した団員達が何人も辞めていった。だが、諸事情で辞められない人間は
我慢しながら続けている。欠員を埋めるように新たに入団した団員達は、山口の指導に
特に疑問を持つ事も無く、言われた通りに歌っている。
「あの人の曲の解釈に共感できる事って、殆どないですよね。こう言っちゃ悪いけど」
 団員達は休憩になると、こうやってヒソヒソと山口への不満を語り合っている。
ピアノの回りに集まってくるのは、芹歌も仲間だと思っているからだろう。
 だが芹歌は、ただ聞いているだけで、決して同調して口に出したりはしない。
何故なら、弾く事が仕事だからだ。弾く事が好きな芹歌にとって、伴奏の仕事は
辞められない。収入の問題もあるが、何より弾く事が好きなのだ。
演奏家にならないのなら、伴奏者しかないだろう。
 元々留学の話しが立ち消えた段階で、ちょうどオペラ団体の専属ピアニストの
話しがあり、そこへの就職が決まりかけていたのだが、家庭の事情で辞退したのだった。
返す返すも残念な事だった。
「芹歌さん。大丈夫ですか?」
 団員達がひとしきり吐き出して芹歌の元を去った後、心配そうな顔が覗きこんで来た。
「神永君……」
 色白で優しげな顔立ちをした青年だ。
 山口との諍いで去って行った団員達の後に入って来た新団員の一人だ。
「疲れた顔、してますよ。まぁ、ここへ来たら、いつもの事なんでしょうけど」
 苦笑いが浮かんでいる。
「山口先生も、団員さん達も、みんな勝手だな。芹歌さんが一番貧乏くじ引いてる気がする」
 周囲に気兼ねしているのか、小声だ。
 昔はみんな和気あいあいとしていたのに、山口が来て以来、なんとなく殺伐としてきた
印象を受ける。
 歌う事が好きで、楽しくて、それで皆集まって来ていると言うのに、指導者のせいで
それを阻害されている。本来なら、皆が楽しんで歌えるようにするのが仕事なのだろうに。
「大丈夫。いつもの事だしね。一応、割り切ってるし」
 芹歌は軽く微笑んだ。
「そうですか。ならいいんですけど、なんかいつもに比べて顔色が良くない気が
したものだから。体調とか、大丈夫ですか?」
「え?大丈夫よ?特に悪いところ、無いと思うけど……」
 体調の事を指摘されて、少し驚いた。特に悪いと自覚していないが、顔色が良くないと
言われると逆に気になる。
「無理してるんじゃないかな。自分では気づかないうちに」
 懐疑的な顔をしている。
「大丈夫。心配してくれて有難いけど、ほんとにどこも悪くないから」
 これ以上心配されたくなくて、芹歌は満面の笑みを浮かべた。それを見てホッと
したのか、固かった表情が柔らかくなった。
「良かった。じゃぁ、後半の練習も頑張りましょう。よろしくお願いします」
 神永悠一郎は、ペコリと軽くお辞儀をして団員達のもとへと戻って行った。
スラリとした肢体が軽やかに遠のいて行く。爽やかさを絵に描いたような青年だ。
素直で明朗で、人懐こさがあるせいか、団員達の人気者である。指揮者の山口も
神永には態度が柔らかだ。
「では、後半の練習を始めましょう」
 山口の声掛けで、なごやかだった空気が一挙に緊張した。

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。